ビジネスシーンでいつ5Gが役に立つのか

 今回、auの5G対応のSIMカードをiPhone 12 Proに装着して、東京都内を中心に5G通信が利用できる場所を歩いてみた。5G対応エリアについては、サービスを提供する各通信キャリアがWebサイトなどでマップを公開している。しかし実際はこのマップはそれほど当てにはならない。まだ5Gが心地よく使えるエリアは限定的というのが、実際に使ってみた印象だ。

JR秋葉原駅中央口の駅前広場でauの5Gネットワークに接続できた。アンテナの表示が5Gに変わる
JR秋葉原駅中央口の駅前広場でauの5Gネットワークに接続できた。アンテナの表示が5Gに変わる

 ただ5Gで接続できた場合は、やはり4G LTEと比べて数倍以上速い下り(ダウンロード)側の通信速度を得られることが多かった。上り(アップロード)のリンクも十分に速く、安定している。5Gによる高速で安定した通信環境が確保できれば、ビジネスシーンならビデオ会議がより快適だろうし、オンラインストレージを介したファイル共有もスムーズにできるに違いない。

 5G通信の特徴である「高速・大容量/低遅延/同時多接続」のメリットを最大限まで引き出せるといわれる「ミリ波」のサービスを待たなくても、現状のSub6でつながれば、5Gの恩恵は十分に受けられそうだ。今後はオフィスや住宅エリアにも、できるだけ早く5Gエリアを広げてもらいたい。

MagSafeの登場でiPhoneアクセサリーが活気づく

 アップルが発表したiPhone 12シリーズの新しいMagSafeアクセサリーも面白い。iPhone 12シリーズの背面に設けられているマグネットに吸着してバッテリーをチャージできるワイヤレス充電器や本体ケース、レザー製のパスケースなどがiPhone 12シリーズと同時に発売された。

 ワイヤレス充電は好みが分かれるところだが、iPhoneに素早く着脱できるアクセサリーの使い勝手は悪くない。マグネットでしっかりと固定されるので外れにくい。ミニプロジェクターのようなプレゼンテーションにも使えるツールや車載用アクセサリーなど、iPhoneの機能を拡張するアクセサリーが数多く発売され、市場が活気づくことを期待したい。

MagSafeワイヤレス充電器。iPhone 12シリーズの背面にマグネットで吸い付き、しっかり固定される
MagSafeワイヤレス充電器。iPhone 12シリーズの背面にマグネットで吸い付き、しっかり固定される
MagSafe対応のアップル純正アクセサリー「レザーウォレット」は、Suicaや様々なカードの収納に便利。MagSafe対応iPhoneケースの上から装着できる
MagSafe対応のアップル純正アクセサリー「レザーウォレット」は、Suicaや様々なカードの収納に便利。MagSafe対応iPhoneケースの上から装着できる

(写真/山本 敦、画像提供/アップル)