米アップルは2020年10月23日、第4世代の「iPad Air」を発売した。上位モデルの「iPad Pro」に迫る高性能モデルだ。今回、ビジネスパーソンの視点で魅力的な仕事の道具となり得るか検証してみた。

iPadの最新モデル第4世代の「iPad Air」
iPadの最新モデル第4世代の「iPad Air」

「ワンランク上」でiPad全体のニーズを刺激

 2019年の秋に米アップルが発売した第7世代の「iPad」は、3万円台からという低価格ながら独自開発の高性能A10 Fusionチップと、ドキュメントの閲覧・作成などの作業に最適な10.2インチのRetinaディスプレイを搭載して売り上げを伸ばした。初めて別売オプションとしてアップル純正のSmart Keyboardに対応し、Bluetoothワイヤレスマウスも使いやすくなったこともあり、iPadをノートPCの代わりに選ぶビジネスパーソンが増えた。

左が第7世代のiPad。新しいiPad Airは本体サイズがわずかに小さくなり、ディスプレーは0.7インチほど大きい10.9インチとなった
左が第7世代のiPad。新しいiPad Airは本体サイズがわずかに小さくなり、ディスプレーは0.7インチほど大きい10.9インチとなった

 このスタンダードクラスのiPadユーザーが、ワンランク上のiPadに買い替え・買い増しを考えているなら、今回の新しいiPad Airが視野に入ってくる。アップルには「iPadからステップアップしたくなるiPad」をラインアップに加えることで、iPad全体のニーズを刺激しようとの狙いがありそうだ。

 新iPad Airは指紋認証センサーのTouch IDを内蔵するトップボタンを本体の側面フレームに移し、画面占有率の高いオールスクリーンデザインに生まれ変わった。画面サイズは10.9インチ、アップルのデバイスとして初めて新世代のA14 Bionicチップを搭載したことで、マルチタスクも軽快にこなせる。

指紋認証センサーのTouch IDを内蔵するトップボタン
指紋認証センサーのTouch IDを内蔵するトップボタン

 フラッグシップである11インチの「iPad Pro(128GB・Wi-Fiモデル/8万4800円・税別、以下同)」と、何もカスタマイズの手を加えていないボトムラインの販売価格を比べると、iPad Air(64GB・Wi-Fiモデル/6万2800円)のほうが2万2000円も安い。しかもカラーバリエーションは5色をそろえる。スタンダードクラスのiPadよりも高性能で見栄えもするiPad Airは、仕事環境に差を付けたいビジネスパーソンに最適なデバイスと言えるだろう。

新色の「スカイブルー」
新色の「スカイブルー」

Magic Keyboardが仕事の生産性を高める

 では具体的にどのような機能がビジネスシーンで役に立つのか。

 先に述べた指紋認証センサーのTouch IDの搭載で、マスクを着けたままでもiPad Airの画面ロックが解除できる。上位モデルのiPad ProはFace IDによる顔認証を採用しているため、マスクを着けたままのロック解除ができない。パスコードの入力が必要だ。頻繁にポケットやバッグから出し入れするiPhoneに比べて、iPadの画面ロックを解除する機会は多くはないものの、withコロナ時代の今、外出を伴うミーティングやプレゼンテーションの機会にiPad Airを取り出し、マスクを着けたままでも素早く仕事モードに突入できるのは便利だ。

トップボタンに指紋を登録した指で触れると画面ロックを解除したり、Apple Payの決済認証などが行えたりする
トップボタンに指紋を登録した指で触れると画面ロックを解除したり、Apple Payの決済認証などが行えたりする