アップルが20年4月に発売したiPad用Magic Keyboardは、新iPad Airでも使える。Magic Keyboardのタイピング感はとても安定しているし、キーボードバックライトを搭載しているため暗い場所でもキーが打ちやすい。「フローティングカンチレバー」によりiPad Airの画面の傾きを調節しながら、iPadとキーボードを膝に乗せた状態でも軽快にタイピングができる(関連記事:iPad ProにMagic Keyboardは必要なのか?)。

 Magic Keyboardにはトラックパッドが搭載されているのでマウスとしても使える。当然、iPad Airの表裏をぐるっと包み込む保護カバーの役割も担う。

新iPad AirでもMagic Keyboardが使える
新iPad AirでもMagic Keyboardが使える
Magic KeyboardにiPad Airを装着した状態。フローティングカンチレバーで画面の角度が変えられる
Magic KeyboardにiPad Airを装着した状態。フローティングカンチレバーで画面の角度が変えられる
第2世代のApple Pencilによるペン入力に対応
第2世代のApple Pencilによるペン入力に対応
Magic KeyboardはiPad Airを表側・裏側から強力に保護できるカバーとしても機能する
Magic KeyboardはiPad Airを表側・裏側から強力に保護できるカバーとしても機能する

ステレオスピーカー内蔵、ビデオ会議の音声が聞きやすい

 さらにMagic Keyboardには充電用のUSB Type-C端子があり、iPad Air背面のSmart Connector端子を経由してiPadのパススルー充電ができる。その間、iPad Air本体のUSB端子が空くので、USBストレージを接続してドキュメントの読み書きなども行える。iPad AirをノートPC的に使いこなすのであれば、Magic Keyboardはぜひそろえたい。

USB-C端子からUSBマスストレージデバイスを読み込んでファイルの読み書きができる
USB-C端子からUSBマスストレージデバイスを読み込んでファイルの読み書きができる

 iPad Airには画面を横に構えたポジションで、左右側面に開口部が向く2基のステレオスピーカーが内蔵されている。ビデオ会議で試してみると、サウンドはとても力強く、人の声がよく聞こえる。マイクも内蔵しているのでハンズフリー通話が可能だ。

側面にステレオスピーカーを内蔵
側面にステレオスピーカーを内蔵

 iPad Airは高速無線LAN規格の802.11ax(Wi-Fi 6)をサポートしている。同じ規格に対応するWi-Fiルーターと組み合わせれば、ビデオ会議などの通信がとても安定する。20年秋に発売された新しい第8世代のiPadが対応するのは802.11acまでなので、将来性を考えればWi-Fi 6対応のiPad Airを選んでおくのが得策だろう。