スバルのスポーツワゴン、新型「レヴォーグ」が2020年10月15日に正式発表された。最新の高度運転支援システム「アイサイトX」を搭載し、安全性に磨きをかけた。最新モデルの実力を検証しつつ、「安全」をブランドの柱として確立させようというスバルの狙いを探った。

スバルの人気スポーツワゴン、レヴォーグの新型。価格は310万2000円から409万2000円(税込み)
スバルの人気スポーツワゴン、レヴォーグの新型。価格は310万2000円から409万2000円(税込み)

地道な努力の積み重ねで「安全」ブランドを構築

 すがすがしいまでにトレンドを追わず、“らしさ”を貫く。それが、新型「レヴォーグ」の開発に当たってスバルが選んだ道だ。具体的には、イマドキはやりのSUV(多目的スポーツ車)……ではなく、ワゴン・スタイルを踏襲。パワートレインにはイマドキはやりのハイブリッド機構……ではなく、スバルの真骨頂である水平対向ボクサーエンジンとシンメトリックAWDの組み合わせを選択している。

 世界シェアの1%を占めるにすぎない――その事実を知れば、なぜ、スバルがトレンドを追わないかが理解できるだろう。トヨタやフォルクスワーゲンのように世界シェアの10%以上を押さえている自動車メーカーなら、地域ごとの需要に寄り添ったマーケティングを展開する必要もあるだろう。だが、世界の「100台に1台」という時点で、個性を貫く意味が生まれる。

 スバル自身が考える「らしさ」の中でも、最も重視しているのが安全性の追求だ。ここで1つ、マーケティング分野に詳しい人なら、当然、疑問に感じることがあるはずだ。外観のカッコよさや室内の快適性といったパッと目につく点よりも、あえて目に見えない安全性能にこだわるのは、なぜなのだろう……と。

新型レヴォーグは悪天候にも強い4WD(スバルはAWDと呼ぶ)を全グレードで標準装備する(画像提供/スバル)
新型レヴォーグは悪天候にも強い4WD(スバルはAWDと呼ぶ)を全グレードで標準装備する(画像提供/スバル)

 実際、自動車の安全性能は、長らくコストセンターだと思われてきたし、正直なところ、コストを押し上げる要因であるのは否めない。しかも、万が一の事故のときにだけ「あってよかった」と感じる装備なだけに、ユーザー側も安全装備にお金をかける意識が低かった。

 ところが、ことスバルに関しては最大の市場である米国で、「スバル=安全」のイメージでブランドを構築しているのだ。何しろ2019年の販売台数が約104万台であるのに対し、米国市場だけで70万台を販売しているのだから、いかに北米市場がスバルにとって大きな位置を占めるかが分かるだろう。

 では、なぜ米国で「スバル=安全」というブランドを構築できたのか。実は米国IIHS(Insurance Institute for Highway Safety=道路安全保険協会)によって行われる安全性評価において、スバルは常に好成績を収めてきた。その積み重ねによって、安全性がスバルの価値としてユーザー層に浸透しているのだ。

 例えば20年には、最高評価となる「トップセイフティピックプラス(TSP+)」を4つ、「トップセーフティピック(TSP)」を5つも受賞している。安全基準をクリアしているだけか、と侮ることなかれ。このIIHSによる評価は突然、厳しいテストが加わることで有名なのだ。米NCAPという米国の衝突安全基準をクリアしていても、IIHSのテストでは悪い結果が出ることもある。独自で厳しい基準を設けている上に年々、厳しくなるのだから、ここで高い評価を獲得し続けるのが、いかに難しいことかが分かるだろう。

 今回も「スバルはX年連続で受賞……」と強調したいところだが、スバルはずっとトップセーフティピックを受賞し続けているため、今さら感が漂うのは否めない。筆者が記憶する限り、05年にはすでに「レガシィ」で受賞していたのだから、スバルの安全装備に関しては筋金入りと言っても過言ではない。

「レヴォーグ」は国内市場の大黒柱

 新型レヴォーグは2代目に当たるが、事実上はそのレガシィの後継モデル。レガシィが日本市場向けとしては大型化しすぎたため、14年にボディーサイズや装備面といった日本市場特有の要求を満たすべく専用開発されたのがレヴォーグだ。日本市場の縮小に伴い、本国のプライオリティーが高くなくなった日本の自動車メーカーもあるが、ファンの声を無視せず、律義に日本市場向けモデルをつくり続けるのも“スバルらしさ”だろう。

こちらは比較試乗用に用意された初代レヴォーグ。今乗ってもその走りのレベルは高い
こちらは比較試乗用に用意された初代レヴォーグ。今乗ってもその走りのレベルは高い

 初代レヴォーグは「STI Sport」なる最もスポーティーな仕様の割合が30%と高い。またベースモデルとなる1.6リッターターボモデルの累計販売台数も11万台と、スバルの国内市場を支えてきた大黒柱だけに、今回のモデルチェンジにかける意気込みは相当なものだろう。

 市販に先立って、最大のセリングポイントである「アイサイト」の進化ぶりを体験できる先行試乗会が開催された。アイサイトとは、「ぶつからないクルマ?」のコマーシャルで一世を風靡した安全装備である。エントリーを担う「XV」や「インプレッサ」でも、アイサイトが標準装備されていることもあって、スバル車には「クルマが自分で止まる機能が搭載されている」というイメージが定着している。

 その実力を検証すべく、実際に試乗したインプレッションをお届けしよう。