オーディオテクニカ(東京都町田市)は「ATH-G1」など同社のゲーミングヘッドホンに、立体サラウンドが楽しめる新機能を追加した。注目はこの追加機能に年額1599円(税別)のサブスクリプションサービスを採用した点。ヘッドホンもサブスクの導入で機能やサービスを追加し、長くヒットさせる商品サイクルが生み出せるのか。

オーディオテクニカが音質と機能性の両方にこだわり抜いたゲーミングヘッドホン「ATH-G1」。新しいサブスクサービスに対応する
オーディオテクニカが音質と機能性の両方にこだわり抜いたゲーミングヘッドホン「ATH-G1」。新しいサブスクサービスに対応する

ヘッドホンがソフトの力でさらに進化する

 オーディオテクニカは音楽リスニング用のヘッドホンや、音楽制作のプロが使用するモニタリングヘッドホンを数多く作ってきた日本の老舗ブランドだ。同社がゲーミング専用機として一から開発した「ATH-G1」(実勢価格2万1000円前後・税込み)は、2019年夏に国内・海外で発売され、「音のいいゲーミングヘッドホン」として高い評価を獲得した。本機の商品企画に携わった同社マーケティング部 プロダクトマネジメント課 商品戦略グループリーダーの平山優氏によると、「質の高いプレー環境にこだわるeスポーツ選手やプロゲーマーをはじめとするゲーム愛好家に選ばれている」という。

 今回、同社が20年6月17日から取り入れたサブスクサービスは、Windows専用のアプリケーションソフト「Immerse with Audio-Technica」を利用するためのもの。パソコンにこのソフトをインストールして有料サービスに申し込むと、ATH-G1をはじめとするオーディオテクニカの高音質ゲーミングヘッドホンで立体サウンドが楽しめる。利用料金は1年プランが1599円(税別、以下同)、5年プランは4299円。2週間の無料試用期間も設けられている。

オーディオテクニカのヘッドホンが米EmbodyVRの開発したイマーシブオーディオの技術「Immerse(イマース)」に対応した
オーディオテクニカのヘッドホンが米EmbodyVRの開発したイマーシブオーディオの技術「Immerse(イマース)」に対応した

 ATH-G1のユーザーにしてみれば、通常はステレオ音声の再生に限られるヘッドホンで、音源が5.1ch、7.1chで制作されているゲーム音声を、迫力ある立体サウンドで楽しめるようになる。もともと高音質を追求したゲーミングヘッドホンなのだから、月額100円前後でより本格的な没入感が得られるなら、「決して高くはない」と感じるユーザーも一定数いるだろう。

高品位なゲーム映像に釣り合うサウンドが求められている

 立体音響再生の技術は、米国のベンチャー企業、EmbodyVR(エンボディ社)が開発した「Immerse(イマース)」がベース。オーディオテクニカは日本のヘッドホンメーカーとしてエンボディ社と独占契約を結び、Immerseの技術を生かした没入感あふれる立体ゲームサウンドが楽しめるPC用アプリケーションを開発した。

 日本のオーディオ界でサブスクと言えば、せいぜい思いつくのはSpotifyやAmazon Musicのような音楽コンテンツ配信だろう。買って終わりのヘッドホンで、「追加機能をサブスクで提供する」など、多くのユーザーにとっては想定外に違いない。

 にもかかわらず、なぜこのタイミングでサブスクサービスを立ち上げたのか。その背景について平山氏は「ゲームの世界を精細に描けるコンピューターグラフィックスの技術が大きく進化したことを受け、ゲームの世界に深くのめり込める立体音響技術にもプレーヤーの関心が強く注がれ始めているから」と説明する。

 ヘッドホンメーカーであるオーディオテクニカにとって今回のサブスクサービスは、新製品のみならず既存モデルのユーザーにも後から付加価値を提供できる点にメリットがある。実数については非公表だが、サービス開始から数カ月を経て、購入・定着するユーザーの数が堅調に伸びているそうだ。

オーディオテクニカのゲーミングヘッドホンに最適化された設定を選ぶと、音の聞こえ方がさらに安定してくる
オーディオテクニカのゲーミングヘッドホンに最適化された設定を選ぶと、音の聞こえ方がさらに安定してくる
5.1ch/7.1chのゲームコンテンツの音声に対応する
5.1ch/7.1chのゲームコンテンツの音声に対応する