キングジムは2020年7月1日、電子ペーパー搭載のデジタルノート「フリーノ」を発売した。Android OSベースの通信機能を内蔵した端末だが、タブレットと異なる使い勝手を実現。メモ代わりとして仕事で威力を発揮しそうだ。実際に使用し、その将来性について検証してみた。

電子ペーパーによる読み書きができるデジタルノート「フリーノ」
電子ペーパーによる読み書きができるデジタルノート「フリーノ」

発売直後に売り切れ、上々の滑り出し

 キングジムのフリーノは6.8型の16階調グレースケール表示に対応した、電子ペーパーディスプレーを搭載するデジタルデバイス。本体のサイズはB6判程度で、専用デジタルペンを含む重さは約240グラム。片手で持ちながら文字を書いたりPDFなどデジタルファイルを読むのにも適している。さすがにスーツやズボンのポケットには収まらないが、通勤バッグに入れて持ち歩くのには最適だ。

片手で軽快にハンドリングできるサイズ感を実現した
片手で軽快にハンドリングできるサイズ感を実現した
重さは約240グラム。厚さ方向のサイズは約10ミリ
重さは約240グラム。厚さ方向のサイズは約10ミリ

 内蔵する32GBのメモリーに約8万7000ページ分のノートが保存できるという。A6サイズ・36ページの紙のノートに換算すると約2400冊、重さ約85キログラムに相当する記録がコンパクトな本体に格納できるのだから、ビジネスツールとして威力を発揮しそうだ。実勢価格は税込み4万円前後。決して安くはないが、用意した台数が発売直後に売り切れてしまうほど出だしは好調だという。同社は初年度の販売目標を5000台に設定している。

中央がフリーノ。iPhone X(左)とA5サイズのノートと並べてサイズを比較
中央がフリーノ。iPhone X(左)とA5サイズのノートと並べてサイズを比較

 キングジムの担当者によると、フリーノの企画自体は約10年前から始めていたそうだ。当時に比べて描画速度が向上したことなど、電子ペーパーに関連するいくつかの技術革新が相まったことが今回の商品化を後押しした。さらにフリーノの市場導入に当たり、クラウドファンディングのMakuake(マクアケ)を活用し、反応を確かめた。2019年12月4日にプロジェクトを立ち上げたところ、目標金額の500万円は応募開始からわずか約5時間でクリア。この圧倒的な支持が、商品化に向けた弾みとなった。

 クラウドファンディングの支援者からは、紙のノートに蓄積されていく情報を管理する煩雑さを解消できるツールとして、フリーノに期待を寄せる声が多かったそうだ。本体の内蔵ストレージやmicroSDカードだけでなく、最終製品に搭載されたクラウドストレージのDropboxにデータを保存できる機能も好評を得たという。

 それでは実際に使用しながら、人気の理由を探っていこう。