米Apple(アップル)はスマートウオッチ「Apple Watch」の新OS「watchOS 7」を2020年秋に正式リリースする。20年6月に開催されたアップルの世界開発者会議で明かされた新機能に注目すると、Apple Watchを起点にしたビジネスチャンスの拡大が見えてきた。

2020秋に正式リリースされるwatchOS 7の新機能がWWDCで発表された
2020秋に正式リリースされるwatchOS 7の新機能がWWDCで発表された

文字盤のカスタマイズがさらに自由に

 Apple Watchは2020年の4月に発売から5周年を迎えた。毎年新しい機能を追加しながら、18年に発売した「Apple Watch Series 4」では画面のサイズアップを図り、ハードウエアとしても様変わりした。

 Apple Watchはユーザーが文字盤のデザインを自由に選び、必要なアプリケーションをApp Storeからダウンロードできるカスタマイゼーション機能を豊富にそろえるスマートウオッチだ。文字盤の上にはアプリや各種機能へのショートカットとなる「コンプリケーション」を配置して、ユーザーが使いやすくなるように自身で工夫を凝らせる。

 画面が大きくなったSeries 4以降のモデルから文字盤上に表示できるコンプリケーションの数も増えて、一目で参照できる情報量が充実した。watchOS 7から「1つのアプリから複数のコンプリケーションを文字盤に配置できる」ようになる。

 現在、ユーザーはアップル純正のコンプリケーションと、サードパーティーが開発したコンプリケーションを文字盤に配置してカスタマイズできる。ただしサードパーティーのコンプリケーションは、現在のところアプリを起動するショートカット以上に複雑な役割は担えない。

1つのアプリの機能を複数のコンプリケーションとしてApple Watchの文字盤に配置できるようになる
1つのアプリの機能を複数のコンプリケーションとしてApple Watchの文字盤に配置できるようになる
watchOS 6ではサードパーティーのアプリはショートカットをコンプリケーションとして配置できるところまでに止まっている
watchOS 6ではサードパーティーのアプリはショートカットをコンプリケーションとして配置できるところまでに止まっている

 もし1つのアプリからよく使う機能を複数ピックアップして文字盤に配置できたら、Apple Watchをランニングやダイビングなど特化した用途に活用できそうだ。アップルはその事例として、ナイキのランニングアプリや育児アプリ「Glow Baby」、サーフィン情報アプリの「Dawn Patrol」が提供する複数のコンプリケーションでApple Watchの文字盤を埋め尽くすカスタマイゼーションの事例を、プレスリリースの中で紹介している。

 こうしたユーザーの用途を際立たせる方向が加速すれば、ハードウエアとしてのApple Watchにも変化が生まれるかもしれない。例えばランニングに最適な「超軽量Apple Watch」や、水深50メートルを超えてさらに水圧の高い深海にも潜れる防水性能を備える「Apple Watch for ダイバーズ」のようなタフネスモデルを、アップルがバリエーションに追加する可能性も見えてこないだろうか。