実はコスパ抜群。ギフトや防災ニーズも

 「家の中にあってスタイリッシュであること、それでいて外に持ち出すときはコンパクトになることを重要視して開発した。もちろん調理用バーナーとしての基本的な性能である火力と、屋外で使う耐風性も重要だった」(林氏)

 当初のコンセプトは見事に具現化されている。HOME&CAMPバーナーを実際に使ってみて感じたのは、シンプルな構造にもかかわらず、五徳を広げてセッティングすると予想以上に安定感があるということ。本体の脚を含めた4点で支えてくれるので、土鍋など大きめの鍋でもぐらつかず、安心して使えた。火力や耐風性においても、普段キャンプで使っているシングルバーナーと遜色なく、アウトドアでの使用にも何ら問題は感じない。

独創的な形状のコンロは、いつもの食卓もスタイリッシュに演出してくれる
独創的な形状のコンロは、いつもの食卓もスタイリッシュに演出してくれる

 家庭用の卓上コンロの場合、冬の鍋シーズンが終わった途端にお役御免となってしまうが、HOME&CAMPバーナーはその限りでない。収納サイズは水筒ほどで、重量も1.4キログラムしかない。そのためキャンプやピクニックなど、冬でなくても気軽に持ち運べて使えるので、利用頻度を考えればコストパフォーマンスは高いといえる。

バックパックにも収まるコンパクトなサイズ。料理はもちろん、アウトドアでコーヒーを楽しむ相棒にもぴったりだ
バックパックにも収まるコンパクトなサイズ。料理はもちろん、アウトドアでコーヒーを楽しむ相棒にもぴったりだ

 「発売当初はキャンパーの方が多かったが、引っ越し祝いや誕生日プレゼントといったギフト需要もある。アウトドアはやらないが、防災用に購入していく人もいる」(スノーピーク広報部)

 アウトドア用品の会社でありながら、一家に1台は欠かせない卓上コンロというカテゴリーでヒットを飛ばしたスノーピーク。今後もユーザーの裾野を広げるモノづくりが期待できそうだ。

(画像提供/スノーピーク)