家庭はもちろん、キャンプシーンでも使われることが多い卓上コンロを、スノーピークらしくリデザインしたのが「HOME&CAMPバーナー」だ。鍋などを置く五徳部分を本体内にすっきり収納できる画期的な構造は、瞬く間に話題を集め、発売半年で4万5000台を売るヒット商品となった。

一見するとオブジェのようにも見える「HOME&CAMPバーナー」の収納状態
一見するとオブジェのようにも見える「HOME&CAMPバーナー」の収納状態

卓上コンロに“スタイリッシュさ”を加えた画期的モデル

 スノーピークの「HOME&CAMPバーナー」は、その名の通り家庭でもキャンプでも使える卓上コンロを目指して開発された商品。使わないときはシンプルなボトル形状に収納できるのが最大の特徴で、部屋に置いてあってもインテリアになじむし、コンパクトになるのでキャンプなどへの持ち運びも便利だ。価格は税別9980円と、卓上コンロとして考えると高めだが、“スノーピークのギア”と考えれば手を出しやすい価格設定ともいえる。

全3色展開の「HOME&CAMPバーナー」。一番の売れ筋はブラック。各9980円(税別)
全3色展開の「HOME&CAMPバーナー」。一番の売れ筋はブラック。各9980円(税別)

 2019年7月13日の発売時には、あっという間に初期ロットの約1万台が完売。その後も毎月1万台ずつ出荷するが、すぐに欠品してしまうという状況が3カ月続いた。

 「ヒットの予感はあったが、市場の反応は想像以上。アジア地域では非常にポピュラーなガス製品である卓上コンロに、初めて“スタイリッシュ”という要素が加わったのが支持を集めた要因だろう。仕上げがきれいな卓上コンロは今までも存在したが、収納状態でコンロと分からない部分までデザインされた製品は、HOME&CAMPバーナーが初めてだと思う」と語るのは、スノーピークの設計本部・本部長の林良治氏。

 19年10月以降は安定供給できるようになり、需要はさらに増加した。年末のクリスマス商戦とも相まって、19年12月末までに約4万5000台を売り上げた。これは近年発売されたスノーピークの新製品の中でも、「かなり好調な売れ行き」という。20年上半期の売上台数については公表していないが、発売1年を迎えた現在でも順調に推移しているようだ。

直径14~30センチまで、さまざまな大きさの鍋に対応する。ダッチオーブンには非対応
直径14~30センチまで、さまざまな大きさの鍋に対応する。ダッチオーブンには非対応