キャンプを楽しむ上でこれからの季節に欠かせないのがタープ。アウトドアのリビング空間で屋根の役割を果たし、雨や日差しを遮るためのアイテムだが、中でもコアキャンパーから人気を集めているのがTheArth(ざぁ~ッス・埼玉県川口市)の「幕男(まくお)」だ。その全貌をひもといていこう。

タイガーカモ(写真左)と真っ赤(同右)な「幕男」はキャンプ場でも存在感抜群。1本のポールを共有すれば、写真のように連結して設営することもできる
タイガーカモ(写真左)と真っ赤(同右)な「幕男」はキャンプ場でも存在感抜群。1本のポールを共有すれば、写真のように連結して設営することもできる

韓国からのラブコールで誕生した「幕男」

 キャンプは“不便”を楽しむもの。とはいえ、最低限の用具がそろっていないと辛いばかりで何も楽しめずに終わってしまう。特にこれからの季節は、突然の雨や強い直射日光への対策をいかに施していくかが、快適なキャンプには大事な要素だ。そこで欠かせない存在がタープである。

 テントが寝床だとすれば、タープはリビングを覆う屋根のようなもの。テントの形状によってはタープの役割を兼ねるものもあるが、自然の中で快適なリビング空間を構築したければ、テントとは別にそろえておきたい必須アイテムといえる。

 タープと一言でいってもその種類や価格は様々で、例えば家族4人用のモデルであれば相場は3万円前後。そんな中、2018年4月10日に登場して以来、定価5万円という価格帯ながら、依然としてバックオーダーが絶えない人気を誇っているのが「幕男」だ。「ヘキサテーブル」で知られる人気ガレージブランドTheArthが、韓国のアウトドアブランド「アーバンフォレスト」とコラボレーションしたタープである。その誕生の経緯について、TheArthのオーナー・大熊規文氏はこう当時を振り返る。

 「僕は家具を中心に、ずっとモノ作りをしてきた人間。ビジネスマンでもないし、小売業は向いていないと思っていたので、知り合いから『ウチの商品も売ってください』という話をいただいてもお断りしていました。アーバンフォレストとの出合いは、自分が主催したキャンプイベント『六角祭』です。はるばる韓国から参加していただき、そのときに見せてもらったタープがとても縫製がよく、遮光性も高くて気に入ったのがきっかけです。先方も日本で展開したいということでしたので、それなら大好きなたき火が楽しめるタープを作ろうと意気投合したのが17年の11月でした」

幕男は4人家族のリビングで使うのにぴったりのサイズ。ピンと張った稜線(りょうせん)が美しい
幕男は4人家族のリビングで使うのにぴったりのサイズ。ピンと張った稜線(りょうせん)が美しい

 韓国といえば、日本同様にアウトドアブームが真っ盛り。ヘリノックスといった大御所から、ミニマルワークスといった新鋭まで、数多くのブランドが日本上陸を果たし、成功を収めている。そんな日本市場でのけん引役として、TheArthの大熊氏に白羽の矢を立てたというわけだ。