250度以上に熱したバーミキュラ フライパンに5立方センチメートルの水を入れたところ、あっという間に蒸発した
250度以上に熱したバーミキュラ フライパンに5立方センチメートルの水を入れたところ、あっという間に蒸発した

既に入手困難 バーミキュラ初のフライパンは「焼く」を再定義

2020年06月05日
  • バーミキュラ フライパンの特徴は水分の蒸発速度。250度に熱した状態では、5立方センチメートルの水が3秒で蒸発するという。同じ条件の場合、鋳鉄フライパン(コーティングなし)では94秒、フッ素コートのアルミフライパンでは312秒、ステンレス製のフライパンに至っては404秒もかかる(愛知ドビー調べ)
  • 愛知ドビーが発売した「バーミキュラ フライパン」は、「26センチ」(税別1万5300円)と「24センチ[深型]」(税別1万4800円)の2種類
  • 自立する専用蓋は26センチ用が税別3700円、24センチ用が税別3500円
  • 愛知ドビー副社長の土方智晴氏
  • バーミキュラ フライパンで作ったもやしいため。食感はシャキシャキ
  • チャーハンもパラパラに仕上がる。フッ素樹脂加工のフライパンなどと比べると調理時間の短縮にもなる
  • 250度以上に熱したバーミキュラ フライパンに5立方センチメートルの水を入れたところ、あっという間に蒸発した
  • 2010年発売の鋳物ホーロー鍋「バーミキュラ オーブンポットラウンド」シリーズ
  • 2019年12月にオープンした「バーミキュラ ビレッジ」。「ベーカリーは1000個のパンが約2時間半で売り切れ、レストランのランチも1時間半ほど待たないと入れない状況だった」と土方氏
  • 16年に愛知ドビー初の家電製品として発売された「バーミキュラ ライスポット」