iPad Proの豊かな拡張性をMagic Keyboardが示唆

 19年秋に発売された第7世代のiPadが純正のSmart Keyboardに対応したことで、多くのビジネスパーソンや学生がモバイルPCの代わりにiPadを選んだといわれる。その勢いが続く中、アップルはiPad Proの専用アクセサリーにMagic Keyboardをラインアップし、ハイエンド級のモバイルPCを使うユーザーの注目を引き、次にマシンを買い替えるときの候補に加えてもらいたいのだろう。実際にMagic Keyboardを装着したiPad Proの、文字タイピングにおける生産性の高さはMacBookにも引けを取らない。

 機動力に優れるSmart Keyboard Folioは専用アクセサリーのラインアップとしてあえて残しながら、今後アップルは独自開発の「Smart Connector」端子を生かしたiPadの豊かな拡張性をアピールしてくるのではないだろうか。

Magic KeyboardのSmart Connector部分。iPad Proの背面に搭載されている端子をここに合わせて装着すると、iPad ProからMagic Keyboardに給電される
Magic KeyboardのSmart Connector部分。iPad Proの背面に搭載されている端子をここに合わせて装着すると、iPad ProからMagic Keyboardに給電される

 Magic Keyboardは使用中にiPad Proから給電されるが、キーボードに搭載するUSB端子にケーブルをつなぐとiPad Proにパススルー充電ができる。Magic Keyboardを経由してiPad Proが充電できるようになると、iPad Proの本体に搭載されているUSB端子がフリーになる。この端子にUSBメモリーなどのストレージを装着すれば、iPadのストレージにないファイルを読み書きできる。ビデオ会議用の高性能カメラやノイズキャンセリング機能付きマイクなど、USB接続が可能なアクセサリーをそろえれば、これからさらに一般化しそうなビジネスパーソンのテレワーク需要にも柔軟に応えられそうだ。まだ少ないが、アップル以外のサードパーティーによるSmart Connector対応製品を含め、iPad Proの拡張性が生かせるアクセサリーがこれから“花盛り”を迎える期待もある。

Magic KeyboardのUSB端子に充電ケーブルを挿せば、iPad Proへのパススルー充電ができる。空いたiPad ProのUSB端子も使えるので、今後はその拡張性を生かしたさまざまなアクセサリーが増えてくるかもしれない
Magic KeyboardのUSB端子に充電ケーブルを挿せば、iPad Proへのパススルー充電ができる。空いたiPad ProのUSB端子も使えるので、今後はその拡張性を生かしたさまざまなアクセサリーが増えてくるかもしれない

 Magic Keyboardが発売されて間もない現在は、まだこれは単純なキーボードアクセサリーにしか見えないだろう。いつか自動運転で走るモビリティーのSmart Connector端子にiPadを合体させて、行き先を入力したり、車内で買い物やエンターテインメントを楽しんだりすることにも活用できるような未来が訪れたら、「あのMagic Keyboardが原点だったよね」と、懐かしむことになるのかもしれない。

(写真/山本 敦)