昨今のキャンプブームを語る上で欠かせない存在がガレージブランド。メジャーなアウトドアブランドのギアを卒業したコアなキャンプ愛好家から支持を集め、ここ数年その数はうなぎ登り。中でもキャンパー憧れの六角形テーブルがTheArth(ざぁ~ッス・埼玉県川口市)の「ヘキサテーブル」だ。

たき火を囲むためにTheArth(ざぁ~ッス)が開発した、六角形の「ヘキサテーブル」。組み立て式で、3本脚で自立する構造だ
たき火を囲むためにTheArth(ざぁ~ッス)が開発した、六角形の「ヘキサテーブル」。組み立て式で、3本脚で自立する構造だ

即完売当たり前、人気高まるガレージブランド

 現在、キャンプを楽しむためのギアは百花繚乱(りょうらん)の状態にある。老舗のメジャーブランドはもちろん、海外から次々と上陸する新しいアウトドアブランド、作り手のこだわりが詰まったガレージブランドなど、ユーザーの選択肢はとにかく多様。中でもSNSやリアルイベントの場で勢力を拡大してきているのが「ガレージブランド」だ。

 ガレージブランドとはその名の通り、ガレージ(車庫)を拠点に生産販売を行うメーカーに由来するもので、小規模ながら品質の高いキャンプギア作りが魅力となっているブランドのこと。ブランド数はキャンプブームの盛り上がりと比例して増加しており、特にコアなキャンプ愛好家から絶大な支持を得ている。

 TheArth(ざぁ~ッス)はそんなガレージブランドの中でも、いま最も影響力のあるブランドの1つ。キャンパー目線でこだわり抜いて作られたアイテムやコラボ商品は、オンラインで販売すれば秒殺。「GO OUT CAMP」(主催:GO OUT CAMP実行委員会)や「FIELDSTYLE」(主催:FIELDSTYLE実行委員会)といったアウトドア関連の人気物販イベントでは、朝から長蛇の列ができて整理券を配布するほどの活況で、物欲にあふれたキャンパーたちを虜(とりこ)にしている。

 同社の代表作が六角形の「ヘキサテーブル」。インスタグラムをきっかけに火が付き、現在でも入手は半年待ちというキャンパー垂涎(すいぜん)のアイテムである。「たき火を皆で囲みたい」という理由から、TheArthオーナーの大熊規文氏が自分用に製作したのがそもそもの始まり。商品として販売を始めたのは2015年末のことだ。

 他社から発売されているたき火用テーブルの価格相場は1万~3万円。ヘキサテーブルは素材や柄にもよるが、平均価格は約6万円。売れ筋の2倍以上もする価格にもかかわらず、月に100台は売れていくという。

 「生産態勢を見直して、スタッフや専用機械を増やすことで19年度からは月産100台作れる状況になりました。それまでは月産20~30台でしたので、だいぶ増えています。それでも受注に対して追いついていないのが現状で、半年はお待ちいただく状況。雑誌などに取り上げられることも増え、認知も広がってきていて、正直、うれしい悲鳴ですね」(大熊氏)

TheArthの代表・大熊規文氏。2019年1月にオープンした店舗「TheArth-six」にて撮影
TheArthの代表・大熊規文氏。2019年1月にオープンした店舗「TheArth-six」にて撮影