バルミューダ(東京都武蔵野市)初の音響機器「BALMUDA The Speaker」が2020年4月22日に発表された。スピーカーは作らないと決めていた同社の寺尾玄社長が音楽体験の最大化という切り口で開発に踏み切った。同社長の証言に基づく開発物語、後編は“音”へのこだわりに迫る。

「BALMUDA The Speaker」の価格は3万5200円(税込み)。20年6月中旬に発売の予定
「BALMUDA The Speaker」の価格は3万5200円(税込み)。20年6月中旬に発売の予定

好きなミュージシャンの音をカッコよく鳴らしたい

「誰かが良いと言った音を作ろうとしたのだ。自分が良いと思える音を作っていなかった。<中略>アーティストたるもの、絶対に自分の好き嫌いだけは売ってはいけない。<中略>本来は自分の好きを貫き、それを表現し尽くすことで、状況を変えるのがアーティストだったのだ。<中略>私は譲渡されたマスターテープを捨てて、レコード会社も事務所も辞めた。」

寺尾玄著『行こう、どこにもなかった方法で』(新潮社)から引用

 音楽の輝きを全く新しい音楽体験として届けることを目指し、スピーカー「BALMUDA The Speaker」の開発に踏み切ったバルミューダの寺尾玄社長。それを具体的に表現したLEDを使った“光”による体験効果にはめどが立った(関連記事:【前編】「なぜ今? バルミューダ初のスピーカー、寺尾社長が明かした本音」)。言うまでもなく、肝心の“音”へのこだわりも半端ない。寺尾社長の著書『行こう、どこにもなかった方法で』(新潮社)にロックスターへの夢に破れたときの心境が描かれているが、自分が良いと信じている音を貫こうとする情熱はとてつもなく強い。今でも寺尾社長の根底に、その思いは脈々と流れているのだ。

 BALMUDA The Speakerはそのライブステージのようなデザインと光の演出に、他社製品との違いをはっきり見て取ることができる。これはスピーカーの要でもある音に対しても同様で、他の音響メーカーとは全く異なるアプローチのチューニングが施されている。その方向性はずばり、「自分が好きなミュージシャンの楽曲を一番カッコよく聴かせる」ことだ。

ドライバー選びもエンジニアなどが相当こだわった
ドライバー選びもエンジニアなどが相当こだわった

 「これだけきれいに輝くのだから、最初は音などもう普通でいいとさえ思っていた(笑)。しかし、やはりどんどん欲が出てきた。自分はミュージシャン上がりだから、好きな音質はスタジオモニタースピーカーの定番と言えるヤマハの『NS-10M』だった。だからその音を再現したいと考えた」

 ただNS-10M自体、もはや20年以上前に製造中止となっていた。そこで寺尾社長が自宅で使用している、NS-10Mの後継モデルのヤマハ「HS5」をベースに音を作り込んでいったという。

 「一時期はかなり『HS5』の音に近づいた。しかしそうこうしてるうちに、あれ、自分たちは何をしているんだ、という疑問が湧いてきた。音楽を聴いてるときの“体験をさせる”ってそういうことだっけ……となり、そこで原点を思い出した。そうだ、聴きたいのは『HS5』のいい音じゃない。歌そのものなんだ、ということに改めて気づいた」

置かれた床面に映る星が印象的。銅管がそれぞれ光を遮ることで、複雑な光の表情と美しい影を生み出している
置かれた床面に映る星が印象的。銅管がそれぞれ光を遮ることで、複雑な光の表情と美しい影を生み出している

 寺尾社長はミュージシャンとしての経験から、一番伝えたいのは生音であり、スピーカーが奏でる音ではないということに気づき、そこから音質追求の考え方をがらっと変える。

 「自分もギターとかいろんな楽器をレコーディングしてきたけど、やっぱりね、一番聞いてほしいのはこうやってエアーで伝わる音。アコースティックの楽器を持ち寄って、全員で生で鳴らすのが一番いいグルーブ感が出る」

 目指すのは録音されたステレオ音源をいかに忠実に鳴らすかではなく、アーティストが演奏する生音を再現できるかだ。