バルミューダ(東京都武蔵野市)にとって初の音響機器「BALMUDA The Speaker」が2020年4月22日に発表された。同社の寺尾玄社長はこれまでスピーカーは作らないと心に決めていた。心変わりの理由とは。同社長の証言を基に、2回にわたってスピーカー開発の真相に迫る。

バルミューダ初の音響機器「BALMUDA The Speaker」。ライブステージのような光の放射を再現し、壁などに映る陰影なども美しい。20年4月22日から予約開始。発売は20年6月中旬の予定。価格は3万5200円(税込み)
バルミューダ初の音響機器「BALMUDA The Speaker」。ライブステージのような光の放射を再現し、壁などに映る陰影なども美しい。20年4月22日から予約開始。発売は20年6月中旬の予定。価格は3万5200円(税込み)

聴くから体験へ、音楽を「光の演出」に変換

 バルミューダが初めて手掛けた音響機器はBluetoothスピーカーだった。「BALMUDA The Speaker」は高さ約188ミリ、直径約105ミリとコンパクトな円筒形。重さも約1キログラムで、誰もが片手で簡単に持ち運べるサイズ感だ。充電バッテリーを内蔵し、家の中の好きな場所に置いて音楽を楽しめる。フル充電にかかる時間は2.5時間、これで連続約7時間の音楽再生に対応する。税込み価格は3万5200円だ。

 上に向けた77ミリ口径のフルレンジスピーカーユニットを1基搭載し、これを出力8ワットのデジタルアンプで駆動する。アクリル製の密閉型エンクロージャー(きょう体)の内部には3本の有機ガラス管を配し、一見するとアンプの真空管のようにも見える。しかし3本すべてBALMUDA The Speakerのコンセプト、「音楽の輝きを再現するスピーカー」を実現するためのLEDユニットだ。そのフロント部に描かれたロックスターの象徴でもある「星」のマークが、いかにも家電業界の異端児とも言えるバルミューダっぽい印象を醸し出している。

有機ガラス製のLED管。フロント中央のLED管にはロックスターの象徴として星が描かれている
有機ガラス製のLED管。フロント中央のLED管にはロックスターの象徴として星が描かれている

 電源を入れると3基のLEDユニットに加え、周囲に配置されているLEDランプが点灯。すると鏡面仕上げの底部と、そこから真っすぐ伸びてスピーカーユニットを支える銅管の支柱がきらびやかに輝き出す。このLEDが生み出す光こそ、同スピーカー最大の魅力であり、バルミューダらしさを具現化する“魂”と言える。中でも特筆すべきは、さまざまな音楽を独自のアルゴリズムを使って0.004秒の速さで解析し、光の演出に変換する「LiveLight」というモード選択機能だ。

 部屋の照明を落とし、リラックスしながらお気に入りのアップテンポなロックや激しく踊れるEDM(エレクトリック・ダンス・ミュージック)を聴きたいときには、「Beat(ビート)」が最適。まるで自分の部屋がライブハウスのように、ダイナミックに光が明滅し始める。しっとりとしたジャズナンバーに身を委ねたいなら「Ambient(アンビエント)」だ。すると部屋全体が柔らかな光に包まれる。さらにメロウなR&Bでロマンチックな雰囲気に浸りたいときには、「Candle(キャンドル)」を選ぶと、揺らぎのある光で落ち着いた空間を演出してくれる。

 コアなミュージックラバーからアゲアゲなパーティーピープルまで、音楽好き全てをターゲットにしたBALMUDA The Speaker。その仕上がりは、おそらくバルミューダファンの期待を裏切ることはないだろう。だが、これまで音響機器だけには手を出さなかった同社が、なぜ今、製品を投入するのか。その真相と開発の裏側について、バルミューダの寺尾玄社長が口を開いた。