話題の商品やサービスを消費者目線で検証し、ヒットの理由を探る新企画。第1回はサンコー「おひとりさま用超高速弁当箱炊飯器」。初回入荷分が発売からわずか2日で売り切れ、直販サイトでは入荷待ちの状態が続く。素早く炊ける“時短”と、コンパクトで洗い物を減らす扱いやすさがヒットの要因だ。

短時間で炊きたてのご飯が食べられる
短時間で炊きたてのご飯が食べられる

オフィスで炊きたてご飯が食べられる

 サンコー「おひとりさま用超高速弁当箱炊飯器 TKFCLBRC」(以下、おひとりさま用超高速弁当箱)は、1合炊きのマイコン炊飯器。短時間で炊ける超高速炊飯機能と、そのまま食べられる弁当箱のような細長い形、使用後は水で丸洗いできることなどが特徴だ。直販価格は6980円(税込み)となっている。

 発売は2019年12月。初回入荷分が2日間で売り切れた。発売から約2カ月半で、受注分を含め2万台に到達する見込みで、同社の炊飯器としてはこれまでにない勢いで売れているという。

サンコーの1合炊き炊飯器、「おひとりさま用超高速弁当箱炊飯器」。計量カップとスイッチ付きの電源コードが付属する
サンコーの1合炊き炊飯器、「おひとりさま用超高速弁当箱炊飯器」。計量カップとスイッチ付きの電源コードが付属する

 最大の魅力は超高速炊飯機能だ。0.5合なら約14分、1合なら約19分半で炊き上がる。0.5合は茶わん1杯相当なので、一人暮らしなら帰宅して15分ほどでご飯を炊いて食べられる。

 サンコー広報部の﨏(えき)晋介部長は「大手メーカーにはない強みを出すため、様々な特徴を持たせた製品を開発していくうち、キッチンに行かなくても作って食べられる卓上調理機器の需要が大きいことをつかんだ。卓上用の焼き肉器、スチーマー、フライヤーなどを発売し、その流れでコンパクトな炊飯器というアイデアが出てきた」と一人用炊飯器を開発したきっかけを語る。

 一人用炊飯器の最初の製品は、17年9月発売の「蒸気で炊く! お一人様用ハンディ炊飯器 MINIRCE2」(以下、お一人様用ハンディ炊飯器)だ。これは水蒸気で加熱する炊飯器で、炊飯と同時に汁ものやおかずの温めができる。

「蒸気で炊く! お一人様用ハンディ炊飯器」(直販価格5280円、税込み)は陶器製の容器が2つ入る。片方で0.65合の米を炊飯しながらもう片方でおかずを温めることもできる
「蒸気で炊く! お一人様用ハンディ炊飯器」(直販価格5280円、税込み)は陶器製の容器が2つ入る。片方で0.65合の米を炊飯しながらもう片方でおかずを温めることもできる

 お一人様用ハンディ炊飯器は、「洗い物が少なくて済む」というメリットも受けて想定以上に売れた。コンパクトさを生かしてオフィスに持ち込んで昼休みに炊きたてのご飯を食べる人も現れたが、炊飯に約50分かかった。そこで、コンパクトでそのまま食べて洗えるというコンセプトはキープしつつ、高速炊飯にこだわった製品の開発に取り組むことにした。

 「普通の3合炊き炊飯器を持っていても1合しか炊いていなかったり、3合炊いて食べた残りは冷凍したりしている人がいる。それなら必要な分だけサッと炊ける炊飯器が売れるのではないかと考えた」(﨏部長)