【先見スペシャル】マーケターのためのリスキリング講座 第3回

リスキリングを考えているマーケターに向け、法政大学経営学部の西川英彦教授が解説する「企業のユーザーイノベーション活用」。後編はユーザーイノベーションの活用に成功した企業の事例を紹介する。成功に導くためのコツやユーザーイノベーションの活用で得られる効果、企業が陥りがちな課題などについて聞いた。

法政大学経営学部の西川英彦教授
法政大学経営学部の西川英彦教授

 前編ではユーザーイノベーション活用の代表的な手法である「リードユーザー法」と「クラウドソーシング法」について説明しました。今回はそれぞれの方法を実施した企業の事例を紹介します。

▼前編はこちら これからのマーケターは「ユーザーイノベーションの活用」が鍵に

リードユーザー法で成功した3Mとワークマン

 市場性の高い製品を開発している先端的なユーザーを「紹介の紹介」によって探し、革新的な製品開発につなげるのが「リードユーザー法」です。この手法でユーザーイノベーションに成功した良い事例がスリーエム(3M)で、医療分野で新たな産業材を生み出しました。

 従来、外科手術の際に利用される顔面皮膚感染の予防法は、どの患者に対しても、1タイプで対応していました。3Mは、リードユーザーの「紹介の紹介」によって、最終的に顔面皮膚感染の予防に精通している舞台メークの専門家へとたどり着きました。ターゲット市場が医療であれば、まず舞台メークの専門家に話を聞きに行こうなどとは思いませんよね。その結果、患者一人一人の症状に合わせて対応する、感染症予防の商品を開発できたのです。

 外科手術は、頻度で言えば1人の患者に対しほぼ一度きりです。しかし舞台メークは、毎日行っているので様々な知見があります。そのノウハウを生かすことで、新たな商品が生まれたのです。こうした、思いもよらない市場とつながれるのがリードユーザー法の醍醐味です。

 事例の2つ目が、作業服専門店のワークマンです。同社は衣料品に注目し、高性能で低価格という戦略でアウトドア用品・衣料品市場への参入に成功しました。その際に活用したのが、「紹介の紹介」ではなく、ネットを利用したリードユーザー法と言えるものでした。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
14
この記事をいいね!する