Withコロナ時代のMaaS最前線の戦いを、計量計画研究所の牧村和彦氏が緊急リポートする第3弾。最終回は、新型コロナ禍を契機にバスやタクシーなどで医療品、食料品を運搬する新しい取り組みと、社会的距離を持続する都市空間のリデザインの動向について見ていく。

2020年4月12日のニューヨーク、マンハッタンの大通り。ニューヨークでは、社会的距離を保ちつつ健康的な移動ができるよう、歩行者や自転車に街路空間を開放する動きが出てきている(写真/Shutterstock)
2020年4月12日のニューヨーク、マンハッタンの大通り。ニューヨークでは、社会的距離を保ちつつ健康的な移動ができるよう、歩行者や自転車に街路空間を開放する動きが出てきている(写真/Shutterstock)

 米国ミネソタ州では、州内の公立学校の閉鎖によって学生への給食の運搬が課題となり、休止となったスクールバスに切り替えて対処している。2020年3月18日から、無料または割引で給食を受けられる生徒(約3万人)にスクールバスで食料の提供を始めている。約275人のドライバーが運搬を担っており、子供たちは週に1度、朝食5回分と昼食5回分を受け取る。なお、運営費用は連邦政府の補助や非営利団体のノー・キッド・ハングリー(No Kid Hungry)およびセカンドハーベスト(Second Harvest)に依存しているという。同様の取り組みはサウスカロライナ、ニューメキシコ、バーモントなどでも実施されている。給食業者の雇用を守り、スクールバス運転手の雇用を守り、家庭には安心して子供たちが在宅できる環境を提供するといった、三方良しの方策だ。

Withコロナ時代のMaaS
【第1回】 「移動」を止めるな! Withコロナ時代のMaaS(1)
【第2回】 データ活用で感染リスクを減らせ! Withコロナ時代のMaaS(2)
【第3回】 「歩行者天国」が都市の新潮流に Withコロナ時代のMaaS(3) ←今回はココ
ミネソタ州のセントポール公立学校のスクールバスで食事を届けている様子(出典:ADINA SOLOMON(2020):Schools Take Their Meals on the Road — Will the Changes Outlast COVID-19、APRIL 14, 2020)
ミネソタ州のセントポール公立学校のスクールバスで食事を届けている様子(出典:ADINA SOLOMON(2020):Schools Take Their Meals on the Road — Will the Changes Outlast COVID-19、APRIL 14, 2020)

 また、米国デンバーでは、デンバー交通局(RTD)のパラトランジット(障がい者や高齢者などに対して日常の外出を支援する移動サービス)の利用者に対して、3月30日より食料品の宅配サービスを無料で提供し始めた。米国では、もともとパラトランジットを行政が提供するのが一般的だが、現在は外出の負担を軽減するため、食料品の配達まで始めたということだ。食料品の注文は電話かオンラインで受け付けている。同じ車両と同じ運転手で、これまでは人を運んでいたサービスを食料品の配送に切り替え、市民のライフラインを維持する工夫だ。

 配車サービスの米リフト(Lyft)は、「医薬品などを必要とする個人へ届けるサービスを提供する」と3月末に発表した(サービス名は「Lyft UP」)。これは、慢性疾患のある人や衰弱している人に対して、医療機関と協力して医薬品などを届けるサービスだ。また、これまで担ってきた透析患者、化学療法が必要な患者、妊婦などを対象とした非緊急医療輸送(NMET)サービスを強化し、対応する医療機関や地域を拡充するとしている。これらと同時に、学校から給食を支給されていた学生や高齢者への食事提供も開始することを表明し、実際にサンフランシスコのベイエリアで始めている。さらに、3月末には米アマゾンと協力し、需給が逼迫しているアマゾンの配送支援も始まった。

 日本でも、国土交通大臣の赤羽一嘉氏が20年4月21日の記者会見で、タクシー事業者に対して、飲食店からの料理配送の受託を特例的に認める方針を明らかにした。新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛で需要が落ち込んでいるタクシー業界を支え、店内飲食を休止してテイクアウト対応を始めた飲食店の配送ニーズに対応するためだ(当面、5月13日まで実施予定)。また、タクシーによる貨物運送も認めると発表した。

 これに前後し、救済事業としてタクシーによる買い物代行や医薬品受け取り代行サービスが全国各地で始まりつつある。京都のエムケイタクシーは新型コロナウイルス感染症患者の治療に当たる医師や看護師など、医療従事者の通勤を無償で支援する活動を始めると4月21日に発表した(京都市保険事務局と調整中)。ただし、乗客と飲食料品を同時に運ぶことはできず、代行できる食料品や医薬品には制限があるなど課題も多い。限られた労働力で、市民が必要とするサービスを提供できるよう、特例措置や緊急規制改革などで今回の国難を克服することをさらに期待したい。

新潟県長岡市で4月20日から始まった「乗らないタクシー」が話題に
新潟県長岡市で4月20日から始まった「乗らないタクシー」が話題に