Withコロナ時代のMaaS最前線の戦いを、計量計画研究所の牧村和彦氏が緊急リポートする第2弾。今回は、交通事業者が感染リスクを極力減らす工夫、MaaS事業者による取り組みにフォーカスする。

MaaSオペレーターの米CityMapperが提供する「世界主要都市の移動量の推移」
MaaSオペレーターの米CityMapperが提供する「世界主要都市の移動量の推移」

 本シリーズ第1弾では、新型コロナウイルス感染症の最前線で戦う医療従事者など、エッセンシャルワーカーの移動を支援する取り組みを紹介した。今回は、交通事業者が感染リスクを極力減らす工夫、MaaS事業者による取り組みを見ていく。

Withコロナ時代のMaaS
【第1回】 「移動」を止めるな! Withコロナ時代のMaaS(1)
【第2回】 データ活用で感染リスクを減らせ! Withコロナ時代のMaaS(2) ←今回はココ
【第3回】 「歩行者天国」が都市の新潮流に Withコロナ時代のMaaS(3)

移動を止めない、バス事業者の感染予防策

 ニューヨーク市交通局やロンドン市交通局では、新型コロナウイルスの感染により、多くの運転手が亡くなっている。また、米国による108兆円規模の経済対策が日本でも話題になったが、そのうち2兆7000億円は公共交通機関の運行維持に充当されていることは、日本ではあまり知られていない。医療崩壊を防ぐことが喫緊の課題であると同時に、エッセンシャルワーカーの“移動崩壊”も避けなければならない。

 バス運転手や地下鉄、鉄道の職員ら20人以上が死亡したロンドンでは、2020年4月17日、亡くなった方々を追悼して1分間の黙とうをささげた(ロンドン市長のサディク・カーン氏も労働組合ユナイト主催のイベントに参加)。併せて、この事態を受けてロンドン市交通局は、バスの運転手を防護する新たな措置を発表している。

 具体的には20年4月20日から、乗客の前方扉からの乗降は禁止とし、バス運転手との接触機会を減らし、中扉あるいは後方扉のみに変更した。また、運転席に一番近い前部の座席にロープが張られ使用禁止とし、運転席には透明の保護スクリーンで仕切りを設けた。また、バス運転手の休憩施設を閉鎖して、臨時のバス車両を用意し、休憩所として運営している。

 米国の動きは早い。ブルームバーグフィランソロピーズ(創設者は元ニューヨーク市長のマイケル・ブルンバーグ氏)と、全米交通担当官協会(NACTO)は、新型コロナウイルスへの様々な対策や創意工夫を一元集約しているサイト「Transportation Response Center」を立ち上げている。世界中でコロナウイルスと戦う人々の知見がシェアされ、政策の意思決定の有益な情報として活用されている。4月3日時点で、全米50以上の都市において(下図のFare suspension)、バス運転手の感染リスクを少なくするために、前方扉からの乗降を禁止し、後方のみの乗降に変更、運賃収受を一時休止した臨時の運用を行っている。運転手の感染リスクを下げ、エッセンシャルワーカーの乗客に対しても安心安全を提供する徹底ぶりだ。また、窓開けや咳エチケットの徹底、乗車定員を限定するなど、いわゆる「3密」を防ぐ対策も進んでいる。

米国ではバス運転手や乗客の感染リスク低減の取り組みが進む(出典:LAURA BLISS(2020):Mapping How Cities Are Reclaiming Street Space,APRIL 3, 2020)
米国ではバス運転手や乗客の感染リスク低減の取り組みが進む(出典:LAURA BLISS(2020):Mapping How Cities Are Reclaiming Street Space,APRIL 3, 2020)

エッセンシャルワーカーに「ありがとう」を

 世界中でエッセンシャルワーカーへ感謝の意を伝える活動が生まれている。20年4月13日からの1週間、米グーグルがトップページに感謝の意をイラストで表明。続いて4月18日には、WHO(世界保健機関)と国際擁護団体のGlobal Citizenがレディー・ガガと協力し、「One World:Together At Home」を主催し、エッセンシャルワーカーを応援するイベントを開催した。毎晩、エッセンシャルワーカーに向けて拍手を送る人々、青い光で街を照らし感謝を示す人々など、感謝と応援の活動が世界中で起きている。

 医療従事者と同様にエッセンシャルワーカーである、交通事業者や物流事業者を称賛するキャンペーンも世界中で始まっている。米国では、4月16日に新型コロナウイルスで亡くなった方々への追悼と、最前線で戦っている公共交通事業者をたたえて、ホーンを鳴らすイベント「#SoundTheHorn」が行われた(120を超える交通事業者が参加)。また、「#HeroesMovingHeroes」(英雄を運ぶ英雄)として、連日各地で活躍している交通や物流従事者にフューチャーした感謝の投稿がSNSでは続いている。日本では連日、公共交通機関を利用することに対してネガティブイメージばかりが流されており、世界とは大きな隔たりがある印象だ。