神戸市は、ウーバー・ジャパン(東京・渋谷)と連携協定を結び、宅配や持ち帰りによる販売機会の拡大を狙う取り組みを、2020年4月13日から始めた。新型コロナウイルスの感染拡大で売り上げが減っている市内の中小飲食店などを支援するため。思惑通りに中小飲食店の売り上げが増えれば、同様の支援策が他の自治体に広がる可能性もある。

2020年4月10日、ウーバーイーツとの連携を発表する神戸市の会見
2020年4月10日、ウーバーイーツとの連携を発表する神戸市の会見

 神戸市は、ウーバー・ジャパンが運営する飲食の宅配代行サービス「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の利用手数料の一部免除や、料金の割引支援などを、同社と共同で実施する。市内で営業する傘下の店舗数が20店未満の中小飲食店(外食事業者)が対象だ。

 「既にウーバーイーツのサービスを利用している市内の約720店舗のうち、4月10日時点で対象となる中小飲食店は560店舗になる」(神戸市企画調整局つなぐラボ 特命係長兼市長室広報課担当係長の長井伸晃氏)という。神戸市は、これらの既存店舗に加え、新たにウーバーイーツのサービスを導入する中小飲食店も募る。ウーバーイーツを活用した中小飲食店の販売機会拡大を進める考えだ。

飲食店の負担がない割引支援制度を導入

 ウーバーイーツとは、ユーザーが専用アプリで飲食メニューを購入すると、配達員が指定場所まで届けてくれるサービスだ。あらかじめ登録済みの配達員から最適な人を飲食店が選び、配達を依頼する仕組み。商品が売れると、通常、数割程度がウーバーイーツの手数料となる

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、ウーバーイーツは既に20年3月27日から飲食店の支援に乗り出している。飲食店がウーバーイーツのサービスを導入する際の初期手数料を無料化し、さらに同年4月13日から5月10日まで、ユーザーの注文金額に応じた割引支援制度を設けた。その場合、飲食店側には負担がかからない。購入金額が1000円以上なら100円割引き、1500円以上なら200円割引き、2000円以上なら300円割引き、3000円以上なら500円割引きという4つのコースから飲食店側が選び、実際に該当する注文が入った場合の割引分をウーバーが負担する。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

新刊『これ1冊で先が見通せる! アフターコロナ消費&キャッシュレス最新勢力図』(2020年7月2日発売、日経BP)
 国主導で盛り上がった還元事業が2020年6月末で終了した後、キャッシュレス決済は普及し続けるのでしょうか? しかも新型コロナウイルスの感染拡大で、消費の先行きは見通しにくくなっています。そこで本ムックでは、QRコード決済サービス事業者や小売り店、ポイント事業者など、多くのプレーヤーの取り組みを、日本だけでなく米国でも徹底取材を進めて、明らかにしました。消費の行方に関心を抱く方にはぜひ手に取ってほしい1冊です。

Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する