新型コロナウイルスが広がるとともに、ネット上では被害状況を示すグラフやダッシュボードが多数登場している。緊急事態であればこそ、正確で分かりやすい情報伝達が求められる。各サイトはビジュアライゼーション(データ可視化)の視点から見ると、どんな工夫があるのか。専門家の松島七衣氏が解説する。

世界保健機関(WHO)の情報提供サイト「WHO COVID-19 Dashboard」。世界地図の下の棒グラフでは、日別感染報告数や累積の感染者数を切り替えて表示できる(画面は記事作成時のもの、以下同)
世界保健機関(WHO)の情報提供サイト「WHO COVID-19 Dashboard」。世界地図の下の棒グラフでは、日別感染報告数や累積の感染者数を切り替えて表示できる(画面は記事作成時のもの、以下同)

 拡大を続ける新型コロナウイルスの被害状況を、分かりやすく把握するために作られたグラフやダッシュボードが世界中で公開されている。このように、数字や文字のデータ群を整理し、効果的にデータの中身を伝える手法のことをビジュアライゼーション(データ可視化)という。この技法を用いると、作り手のメッセージやストーリーが明確に伝わりやすくなるという効果があり、議論の活性化につながる。

 今回の件において、気を付けなければならないのは、健康や命に関わるセンシティブな内容でもあり、表現次第では、誤解や混乱を招く可能性があることだ。既に、報道やネットの口コミの影響で「○○が売り切れる」といった噂が広がり、一部で問題視されている。正しく情報を伝えるはずのグラフが、そうしたミスリードを引き起こす可能性があるということだ。

 今後も新型コロナウイルス関連のデータを目にする機会は多いだろう。まずは情報の受け手の立場として、データ可視化の観点から考慮すべき事項を伝えていく。特にデータとグラフの使い方に注意を払ってほしい。加えて、マーケターをはじめ企業や製品の情報を発信する立場にある読者にとっては、こうした状況下で重要な情報を届けるときに何を考えるべきかを理解するためのヒントにもなるはずだ。

まずは使用している数値を確認する

 世界中で提示されている新型コロナウイルス関連データの多くは、累積の感染者数、現在の感染者数、回復者数、死者数、新規感染者数である。一般論になるが人々は、累積の感染者だけを見れば不安感を抱きやすくなり、現在の感染者数と回復者数を比較すれば安心感を抱きやすくなる。示す数値によって、印象やコンテキストは変わるのだ。

 世界保健機関(WHO)の情報配信サイト「WHO COVID-19 Dashboard」は日別感染報告数と、累積の感染者数が切り替えられるようになっているところが秀逸だ。新規感染者数の推移は、専門家でなくても、流行が拡大期なのか、収束期なのかを、大まかに予想しやすく、数週間後の流行状況を考えられる貴重な情報となる。

 日本経済新聞の「世界全体の感染者、回復者、死者の数」では、3種類の数値を積み上げる形で累計の感染者数を見せている。3種類を分けずに累積数だけを示せば、感染者は急増していて危険が迫る状況だと、読者は過度な不安を感じるかもしれない。その点、このグラフは、既に回復した人が多いことを同時に表すことで「回復した人も一定数いるのだ」と冷静に判断できるようにしている。

日経電子版の「チャートで見る新型コロナウイルス感染」の中で示している「世界全体の感染者、回復者、死者の数」。単に累計の感染者数を見せるだけでなく、回復した人の数を示すことで、読者は冷静に判断できるようになる
日経電子版の「チャートで見る新型コロナウイルス感染」の中で示している「世界全体の感染者、回復者、死者の数」。単に累計の感染者数を見せるだけでなく、回復した人の数を示すことで、読者は冷静に判断できるようになる

条件の違いを想像することが大切

 グラフの中で複数のデータを比較している場合、それぞれの条件がどう異なっているかを考えることは重要だ。例えば、国ごとの感染者数のデータを比較する場合。人口、高齢者の割合、生活の特徴、政府の措置、医療システム、集団感染が起きた場所など、様々な条件が異なっているという意識を持っておきたい。データの取得環境も異なっているはずだ。

 Financial Timesの特設サイトでは、3人以上亡くなった日を起点として、国ごとに死亡者数の推移を出している。流行の開始時期は地域によって異なるが、同じ条件を起点日にするという工夫を加えることで、国同士の比較が容易になっている。

Financial Timesは、一定人数が亡くなった日を起点として、国ごとに死亡者数の推移を出している
Financial Timesは、一定人数が亡くなった日を起点として、国ごとに死亡者数の推移を出している

 上のグラフは掲載する国を一部に絞っている。1つのグラフに多くの項目を盛り込みすぎると識別しづらくなる恐れがある。そこで同サイトでは、その他の国については、個別に小さいグラフを作り、それぞれを並べている。こうすることで、既に拡大した国と比較してどう違うのか、多くの国で推移を確認できるようにしている。グラフはシンプルに分かりやすく示すことが基本。その基本を崩さず、多くの国を比較したいというジレンマをうまく克服している例と言えそうだ。

上の図と同様に「Financial Times」のもの。大きなグラフで示した国以外は、小さいグラフを作り、格子状に並べている
上の図と同様に「Financial Times」のもの。大きなグラフで示した国以外は、小さいグラフを作り、格子状に並べている