2020年3月に入って世界中を巻き込んでいる新型コロナウイルスへの対策で、グラフィックスが大活躍している。米国では国民に注意喚起を促す、さまざまなポスターが登場した。

 例えば感染のホットスポットといわれるワシントン州シアトル市があるキング郡では「誰が子供の面倒を見るか決めておきましょう」「近所で助け合いましょう」など、2月末から3コマ漫画で準備を訴えてきた。感染者に対する配慮をアピールするポスターもある。対策を主導する米政府機関のCDC(疾病予防管理センター)は、新型コロナウイルスの拡大を抑えるための自分たちの役割を図解で分かりやすく説明している。

米ワシントン州シアトル市があるキング郡が漫画風に「在宅勤務の可能性も探りましょう」などと訴求(kingcounty.govより)
米ワシントン州シアトル市があるキング郡が漫画風に「在宅勤務の可能性も探りましょう」などと訴求(kingcounty.govより)
CDCは新型コロナウイルスの感染阻止の方法に加え、CDCの取り組みを分かりやすく解説(cdc.govより)
CDCは新型コロナウイルスの感染阻止の方法に加え、CDCの取り組みを分かりやすく解説(cdc.govより)
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

新刊『これ1冊で先が見通せる! アフターコロナ消費&キャッシュレス最新勢力図』(2020年7月2日発売、日経BP)
 国主導で盛り上がった還元事業が2020年6月末で終了した後、キャッシュレス決済は普及し続けるのでしょうか? しかも新型コロナウイルスの感染拡大で、消費の先行きは見通しにくくなっています。そこで本ムックでは、QRコード決済サービス事業者や小売り店、ポイント事業者など、多くのプレーヤーの取り組みを、日本だけでなく米国でも徹底取材を進めて、明らかにしました。消費の行方に関心を抱く方にはぜひ手に取ってほしい1冊です。

Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する