※日経トレンディの記事を再構成

人気スマートフォンゲーム『Fate/GrandOrder(以下FGO)』が、さまざまな業界の垣根を越え、一大経済圏を築いた理由を探る本特集。3回目では、ゲームの人気キャラクターとなった18世紀の宮廷音楽家「サリエリ」による波及効果と、東京都交響楽団とゼロから作り上げたオーケストラコンサートについて詳説する。

「Fate/Grand Order Orchestra」のビジュアル
「Fate/Grand Order Orchestra」のビジュアル

 『FGO』では、サーヴァントのファンが、その歴史的背景を知りたいと動き、様々な経済効果を生み出している。そこで編集部のTwitterアカウントから「経済効果といえばこのサーヴァントというお薦めがあれば教えてください」と問い掛けたところ、多くの人が挙げてくれた名前がある。「アントニオ・サリエリ」だ。

18世紀の宮廷音楽家に再び光が当たるという奇跡

 サリエリはモーツァルトと同時代に生きた宮廷音楽家。生前からモーツァルトを毒殺したという説が流布し、1984年に公開された映画『アマデウス』でも悪役として描かれた。そのイメージもあり、現代で曲が演奏されるということはほとんど無かった。

 ところが、『FGO』では陰のある端正なマスクとして描かれ、人気サーヴァントの一つとなった。しかしサリエリについて知りたくても、日本語で読める文献は音楽研究家の水谷彰良氏による『サリエーリ 生涯と作品 モーツァルトに消された宮廷楽長』だけで、しかも絶版。それが、“サリエリスト”たちの声により、2019年に復刊ドットコムから復刊された。ページ数が数百ページにも及ぶ重厚な学術書が、だ。

アントニオ・サリエリ
「我は死だ、我は神に愛されしものを殺すのだ! 『至高の神よ、我を憐れみたまえ』
 (ディオ・サンティシモ・ミゼルコディア・ディ・ミ!)」


「無辜(むこ)の怪物」という自身のスキルを使うことで、コマンドカードのクリティカル発生率を上げる「スター」を安定的に生産できる。長剣を持った赤と黒の怪人のような姿をしているが、外装を外すと銀髪の聡明そうな男性の姿になる。サリエリは18~19世紀に活躍したイタリア出身の宮廷音楽家で、後年モーツァルトを毒殺したという説によって苦しめられた。FGOでの人気がきっかけで現実のクラシック界でも光が当たるようになった。FGOでは、「アマデウス」への殺意に満ちた人物として描かれる。なお、史実でもマリー・アントワネットと交友があり、FGOでは「マリー」の前ではおとなしくなる
レアリティ★★★  クラスアヴェンジャー
【イラスト】PFALZ 【声】関俊彦
『サリエーリ 生涯と作品 モーツァルトに消された宮廷楽長』
『サリエーリ 生涯と作品 モーツァルトに消された宮廷楽長』
(水谷彰良著・復刊ドットコム)

 この本にまつわるイベントを企画したのが、音食紀行というプロジェクトを主宰する遠藤雅司氏。史実に基づいた歴史上の食を再現するというテーマで活動している。彼が水谷氏を講演会に招き、サリエリが好きだったというお菓子を再現し振る舞うという200人単位のイベントを企画したところ、募集後数分で満席に。サーバーがダウンするという驚異的な人気を見せた。「サリエリを知りたいという渇望感に驚いた」と、遠藤氏は言う。

 他にも、“サリエリ復活”現象は現れた。OSK日本歌劇団が大阪市内でミュージカル「サリエリ&モーツァルト」を上演するなど公演が増えた。遠藤氏もこれがきっかけで、サリエリをテーマとした『宮廷楽長サリエーリのお菓子な食卓』(春秋社)を出すこととなった。ちなみに19年に東京・池袋に開業した「Hareza池袋」のこけら落とし公演の一つ、宝塚歌劇団の「ロックオペラ モーツァルト」でも、サリエリは登場する。

 なお、音食紀行の遠藤氏はそれ以前に『FGO』の影響力を知っていたという。彼が17年に上梓した『歴メシ!』(柏書房)で、紀元前1600年ごろに残されたバビロニア文書の食事レシピを載せたところ、異例の重版となった。『FGO』で、古代メソポタミアの伝説的な王「ギルガメッシュ」が人気サーヴァントだったことが関係しているという。遠藤氏はこの本を機に、古代メソポタミアの食事を味わうというイベントを継続的に行っている。「誰にでも楽しめるイベントにしているので把握はしていないが、常に一定数の『FGO』ファンが来ていると思う」(遠藤氏)。

こんなに広がる! FGO×ビジネス
 音食紀行 

音食紀行主宰 遠藤雅司氏
音食紀行主宰 遠藤雅司氏
歴史料理研究家。世界各国の歴史上の食を再現するプロジェクトを展開している
遠藤氏が紹介する、古代メソポタミアの文明を象徴するビールを使ったパン
遠藤氏が紹介する、古代メソポタミアの文明を象徴するビールを使ったパン
サリエリが好んだお菓子を再現したレシピなどを紹介する新刊『宮廷楽長サリエーリのお菓子な食卓』(春秋社)
サリエリが好んだお菓子を再現したレシピなどを紹介する新刊『宮廷楽長サリエーリのお菓子な食卓』(春秋社)
FGO効果で思いがけずヒットした本『歴メシ!』(柏書房)。古代メソポタミアや古代ローマの料理などを紹介
FGO効果で思いがけずヒットした本『歴メシ!』(柏書房)。古代メソポタミアや古代ローマの料理などを紹介

一流オーケストラと組む ゼロから音楽を作り上げる熱意

 スマホゲームが、18世紀の忘れ去られた作曲家に光を当てる。これだけでも驚きだが、『FGO』は一流のオーケストラとの協働も果たしている。東京都交響楽団(都響)と行った「FGO オーケストラ」だ。『FGO』は音楽も重要な役割を果たすため、それを純粋に楽しめる場をつくりたいという思いから運営元のFGO PROJECTがオーケストラを探したところ、都響が快諾した。

 都響は、人気ゲーム『ドラゴンクエスト』の音楽を演奏するなど、クラシック音楽以外の企画にも果敢に挑戦している。だが『FGO』は、ゲーム音楽があるだけで、オーケストラとしての音楽はゼロからのスタートという難しさがあった。「それでも本物のオーケストラで、『FGO』の世界観をつくりたいという熱意に、胸を打たれた」と、制作を担当した演奏統括部の舘岡吾弥氏は言う。

 『FGO』のメインの作曲家であるTYPE-MOON所属の芳賀敬太氏、編曲を担当した深澤秀行氏、オーケストレーションを担当した三宅一徳氏。3人の作曲家が関わるという異例の作り方となり、曲の制作期間も長くかかった。ゲーム内には電子音や小さな音しか出ない楽器の音が含まれている。それを安易に変えてしまってはファンは違和感を抱くだろう。とはいえ、オーケストラなのだから生音で演奏したい。3人の作曲家が様々な楽器を試し、演奏家にもヒントをもらいながら試行錯誤した。

 また、オーケストラ専用ホールは、多くても2000人と規模が小さい。興行の大きさを考えるなら大規模な会場でできないものかという話が出そうだが、「せっかくオーケストラなのだから、専用ホールでやりたい」という都響の意見を運営元は受け入れ、東京芸術劇場で公演を行うことにした。

 18年末に、19年1月30日にまずCDを発売し、4月に公演があることを発表。「『都響』がTwitterトレンドに入ったことに、一同驚いた」(舘岡氏)。公演に先駆けてCDを発売したのも異例。まずプロジェクトの存在を知ってもらうという目的だったが、これも好調に売れた。公演はすぐ完売し、追加公演を5月に設定した。

 公演当日、舘岡氏は「『FGO』のファンたちは、真面目に音楽を聴きにきてくれた」という印象を抱いたという。コンサートを初めて聴きにくる人が多いという前提で、マナーなどを分かりやすく書いたパンフレットを配ったが、それを真摯に守ってくれたという。実は、演奏家たちには舞台から聴衆の様子がよく分かる。「お客様はとても音楽に入り込んでいて、時には涙していたと、演奏家たちから聞いた」(舘岡氏)。

 普段はシニア男性が多い都響にとって、20代30代の女性がほとんどという珍しい公演となった。「若い女性たちにオーケストラって面白い、こんなに迫力があるんだ、ということを知ってもらえたことは収穫」と舘岡氏は言う。

 東京都交響楽団 

公演当日の様子。世界観を表現するプロジェクションマッピングなどの工夫も
公演当日の様子。世界観を表現するプロジェクションマッピングなどの工夫も
公演に先駆けてCDを発売
公演に先駆けてCDを発売
©TYPE-MOON/FGO PROJECT
注)日経トレンディ2020年1月号の記事を再構成。一部の数字を除き、情報は取材時点のもの