明智光秀を主人公としたNHK大河ドラマ『麒麟(きりん)がくる』が2020年1月19日に放送を開始する。明智光秀を始めとした戦国武将たちの生きる知恵は現代の侍(=ビジネスパーソン)にも参考になるはずだ。気鋭の歴史家、乃至政彦氏に光秀から現代人が学ぶべきことを聞いた。

織田信長(左)と明智光秀。信長に仕えた期間はわずか10数年だが、異例の出世を遂げた(イラスト/伊野孝行)
織田信長(左)と明智光秀。信長に仕えた期間はわずか10数年だが、異例の出世を遂げた(イラスト/伊野孝行)
乃至政彦(ないしまさひこ)氏
乃至 政彦(ないし まさひこ)氏
歴史家
1974年、香川県生まれ。主な著書に『平将門と天慶の乱』(講談社現代新書)、『戦う大名行列』(ベスト親書)、『信長を操り、見限った男 光秀』(河出書房新社)など。気鋭の歴史家として注目されている。NHK総合『歴史秘話ヒストリア』、BS-TBS『諸説あり!』などテレビにも出演。

 明智光秀といえば一般的なイメージは、美濃(現在の岐阜県)の名門豪族土岐氏の流れをくむ明智氏の一族であり、和歌にも長(た)け文化的素養を備えた戦国武将。信長の下で次々と戦功を立てながらも伝統的な権威を尊重しない主君・織田信長に次第に反発。ついには「本能寺の変」で主君を討った天下の謀反人といったところだろう。

生まれも育ちも謎に包まれた明智光秀の前半生

 しかし、「その前半生は謎に包まれています。本能寺の変を起こした1582年に享年67歳(1516年生まれ)とする説の他、55歳(1528年生まれ)説、52歳(1531年生まれ)説などがあり、生まれた年も、出生地も実は明らかではありません」。そう話すのは、『信長を操り、見限った男 光秀』(河出書房新社)の著者で歴史家の乃至政彦氏だ。

 「明智一族自体は足利幕府の重臣に連なる名門ですが、光秀は美濃・明智氏の嫡流であれば受けるはずの恩恵を何も受けていません。居城を継承しておらず、室町幕府から奉公衆(将軍直属の軍事を担当する官僚)としての待遇も受けていない。さらに光秀には複数の系図が伝わり、どれも父親の名前が異なるなど、高い身分の出身ならあり得ないことです。明智氏の一族の出ではあるものの、分家の分家。末端の出身だったのでしょう」

「明智」の名字もあっさり捨てる

 後に光秀は信長から「惟任」(これとう)という名字を与えられた。以降、名乗りを惟任日向守光秀に変えている。「明智に固執することなく、あっさり名字を変えていることからも、名門・明智一族の中で、本流だったわけではないと考えられます」

 そんな無名の人物・光秀が、40歳(1528年生まれだった場合)になろうかというころに歴史の表舞台にこつ然と登場する。どうやって異例の出世を成し遂げたのだろうか。