徐重仁は1986年に統一超商の社長に任命され、台湾でセブン―イレブン事業を展開、2001年から流通サブグループのトップとして数十の会社を誕生させ統率した。そんな徐の“サラリーマン社長”の人生は「60歳定年」で終わるはずだったが、創業者の命令で特別に延長された。だが4年後、役員会議で突如辞任が決定する波乱の幕引きとなった。(本文敬称略)

2007年7月、統一企業の創業者である高清愿会長(写真右)の特別命令で、統一超商の徐重仁社長(写真左)の「60歳定年」は特例として5年延長された
2007年7月、統一企業の創業者である高清愿会長(写真右)の特別命令で、統一超商の徐重仁社長(写真左)の「60歳定年」は特例として5年延長された

親会社の会長が下した特別命令

 徐は38歳のとき、台湾最大の食品加工メーカー・統一企業の子会社として設立された統一超商の初代社長(総経理)となった。1980年代半ばの当時、創業一族ではない一社員が社長になるのは、台湾では珍しい出来事だった。

 「サラリーマン社長」の徐は、最新の小売り業態であるセブン―イレブンを台湾に導入した。さらに近代的な流通サービス事業を次々と日米から導入して、台湾の流通経済の成長をけん引した。その功績がたたえられ、徐は「台湾の流通の父」と呼ばれるようになった。

 徐の流通業界への貢献は統一超商の事業活動にとどまらない。流通サブグループによる事業の多角化とグループ経営戦略をスタートさせた01年、徐は80年代に誕生した「TCFA(Taiwanese Chain Stores and Franchise Association:台湾チェーンストア協会)」の理事長に就任し、04年まで務めた。

03年のTCFA会員大会の壇上で話す徐理事長
03年のTCFA会員大会の壇上で話す徐理事長

 徐の八面六臂(はちめんろっぴ)の活躍は08年1月に一旦幕を降ろすはずだった。当時の台湾では創業(オーナー)一族を除き、民間企業の社員は役員も含めて「60歳で定年」と決まっていたからだ。

 定年を迎える前年の07年6月、徐は親会社である統一企業の実質上の創業者で、自分を統一超商の社長に抜てきしてくれた高清愿会長(董事長)に「私は間もなく統一超商を辞めます」と報告し、これまでの厚意に対する謝意を伝えた。高が「なぜ辞めるのか」と尋ねたので、徐は「もうすぐ60歳で定年を迎えますから」と答えた。

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
8
この記事をいいね!する