米ラスベガスで開催中の世界最大のデジタル技術見本市「CES」に、日本から電動バイクを持ち込んだスタートアップがいる。glafit(グラフィット、和歌山市)だ。初出展でつかんだのは、厳しい安全基準を満たした日本製だからこそ、海外で戦えるという確かな手ごたえだった。

glafitは、折り畳めば高さ60センチとコンパクトな電動バイクを発表した
glafitは、折り畳めば高さ60センチとコンパクトな電動バイクを発表した

「最小クラス」の立ち乗り電動バイク

 glafitがCESで発表したのは「X-SCOOTER LOM(クロススクーターロム)」。セグウェイと同様、立ち乗りで運転する。

 「ラストワンマイルの移動を埋める、考え得る最小タイプのバイクを本気で作った」と語るのは、鳴海禎造CEO(最高経営責任者)だ。

  LOMとはLast One Mileの略。最高時速は25キロメートル。ハンドル部分を折り畳めば、高さ60センチと持ち運びに便利なコンパクト設計。前輪は12インチ、後輪は10インチで、段差や石畳など凹凸のある道にも耐えられるようにした。

足回りは凸凹のある道でも乗り越えられる設計
足回りは凸凹のある道でも乗り越えられる設計

 アプリでスイッチを遠隔操作し、バッテリーの残量やあと何キロ走れるかも確認できる。家族や友人と鍵を共有することも可能だ。「コンパクト、コネクテッド、(走破性が高いという)コンフォタブルの3Cを形にした」(鳴海氏)。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>