慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(SDM)は、デザイン思考にシステム思考を加え、さらにそれらをいかにマネジメントするかを研究している。複雑化・複合化している社会では一つの思考法だけではなく、あらゆる手法やスキルが求められるとSDMの富田欣和特任講師は言う。

「俯瞰(ふかん)から多面的に見ることが重要。市場調査だけでは、つかみにくい」と富田氏(写真/丸毛 透)
「俯瞰(ふかん)から多面的に見ることが重要。市場調査だけでは、つかみにくい」と富田氏(写真/丸毛 透)
富田 欣和(とみた よしかず)氏
慶應義塾大学大学院
システムデザイン・マネジメント研究科特任講師

システムデザイナー。関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科・准教授。Knots associates CEO。システムズエンジニアリングやモデルベースシステムズエンジニアリングを用いた社会システムデザインを専門とし、地域創生プロジェクトや企業の経営戦略設計およびビジネスモデル設計などを手掛ける

デザイン思考だけでなく、多くの手法が注目を集めています。

最近はデザイン思考の他にアート思考などもあり、それぞれ特徴的ですが、どの思考法が優れているかを論じても意味はないでしょう。新規事業に結び付けるには、一つの思考法だけに頼ることなく、さまざまな思考法を身に付け、「知恵」を総動員しないといけません。単に思考法の問題ではなく、あらゆるスキルが求められています。

 例えば、デザイン思考で製品やサービスのアイデアを考えても、今度は事業化の段階でファイナンスの知識が問われる。ステークホルダーとの調整も必要になります。「これはどうしたらいいか」「あれも重要ではないか」と出てくる問題が多様になっています。外部企業からの相談の多くが「デザイン思考を教えてほしい」というのから「こんな状況にあるので何とか解決できないか」と切実な要求になってきているのが現状です。

 ユーザーニーズを探査することはもちろん、技術のシーズベースで考えたり、ビジョンも重要になっていたりします。現在の世界はVolatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(不透明性)といった、先を見通しにくい「VUCA」の時代といわれています。あまりにも社会が複雑化・複合化しているので、企業は手持ちの思考法やスキルといった「武器」をすべて使わないと、もはや簡単には問題を解決できなくなっています。これが企業で製品やサービスを開発する現場担当者の実感ではないでしょうか。

 私が所属しているSDMでは、デザイン思考に論理的・体系的な特徴を持つ「システム思考」の考え方を組み合わせています。ここで言うシステムとは、コンピューターによる情報システムという意味ではなく、複数の構成要素が相互作用する集合体のことです。システムのマネジメントでは、多くの視点から適切な目標を立案し、環境の変化など不確定性を含む、さまざまな要因を考慮しながら総合的に運用できるようにします。新しい価値を生むアイデアを考えるだけでなく、実現のための仕組みまで構想します。

 実際、技術やシステムのデザインから組織のデザイン、コミュニティーのデザイン、経営や政策のグランドデザインまで、あらゆるシステムにおける構想やソリューションの提言までも手掛けています。かなりの範囲を包含しており、デザイン思考やアート思考だけでなく、マネジメントを研究している教員もいます。

 ただ、システムデザイン・マネジメントの領域について、企業の新規事業担当者が一人で全部を学ぶのは難しいでしょう。広く深い知識やスキルが要求されていることは事実ですが、そんな超人的な社員はなかなかいません。我々も限られたカリキュラムの中で、どこまで教えればいいのかを試行錯誤しているのが現状です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>