【AIセキュリティー】

 クラウド、モバイル、IoTといったITの進化により、あらゆるシーンで情報が収集できるようになった現代において、AI技術を活用する場も広がりを見せている。セキュリティー分野もその一つで、高度化・複雑化が進むサイバー攻撃を防ぐためにはAIの活用が不可欠となりつつある。標的型攻撃やランサムウエアなど、特定の組織を狙った金銭目的の脅威が増加する状況では、従来のようなマルウエア対策だけでは十分とはいえない。機械学習とAIを利用して高度な脅威の検知と防御を実現し、未知の脅威にまで対応するセキュリティー対策が求められている。セキュリティー担当者のリソースが限られている状況下で、組織内のPCやサーバーだけでなく、IoTやクラウドサービスなども防御するにはAIのサポートが不可欠だ。

 近年では、AIや機械学習、ディープラーニングプラットフォームを活用したセキュリティーソリューションも一般的なものとなった。サイバー攻撃の防御や予測分析をはじめ、マルウエアやウイルスなどに感染した場合の自動対応支援など、様々な状況におけるリスク軽減を実現。さらに、顔認証システムや移動追尾システムなど、現場にあるカメラを活用したセキュリティー対策にもAIの技術が活用されている。

 このように、AIとセキュリティー対策は密接な関係を持つようになったが、実はAIの進化は攻撃者にも恩恵をもたらしていることにも注意が必要。AIによる分析でセキュリティーを突破しハッキングを行うなど、AI技術を悪用したサイバー攻撃も登場してきている。攻撃側と防御側の双方がAIの活用を模索していく状況は今後も続いていきそうだ。