※日経トレンディの記事を再構成

Society 5.0」「DigitizationとDigitalization」「次世代リチウムイオン電池」「ディープフェイク」「ハイパー オートメーション」「BMI」「ヒューマン オーグメンテーション」「富岳」「量子コンピューター」「Wi-Fi 6」……。これらをすべて説明できるだろうか? 技術革新のスピードはさらに加速している。時代に取り残されないためにも、2020年に押さえておきたい最新のキーワードを集めた記事の後編(前編はこちら)。

【Society 5.0】

 狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く未来社会の在り方として、日本政府が策定した「第5期科学技術基本計画」で提唱された政策が「Society 5.0」。これまでの情報化社会をさらに進化させ、現実世界(フィジカル空間)の情報を仮想世界(サイバー空間)に取り込み、蓄積されたビッグデータをAIが解析。ロボットなどのテクノロジーを介して現実世界にフィードバックする。これにより、社会的な課題の解決と経済的発展を両立させ、人間中心の超スマート社会を実現することを指す。

 現代社会の課題にも対応する包括的な政策のため、様々な省庁が関連している。15年の国連サミットで採択された「SDGs(持続可能な開発目標)」との親和性も高く、ドローン、AI、自動走行といった先進テクノロジーの効果的な活用を考えるうえでも見逃せないキーワードといえる。

【DigitizationとDigitalization】

 デジタルトランスフォーメーション(DX)は、企業が変化し続けるビジネス環境に対応して、顧客や社会のニーズに合わせた製品やサービスを提供するために必要な手段といえる。ITインフラの刷新から組織の変革、経営層・従業員の意識改革まで、DXの範囲は多岐にわたるため、どこから取り組めばいいのか悩む企業も少なくない。

 DXの推進=デジタル化と定義し、ペーパーレス化やコミュニケーションツールの導入などを進めるケースも多いが、こうした“アナログ”で作られた情報を“デジタル”データに置き換えるデジタル化は一般的に「Digitization(デジタイゼーション)」と呼ばれる。ただ、これだけではDXの実現は難しい。企業が進化するためには最新のデジタル技術を活用して新たなビジネス価値を創出する「Digitalization(デジタライゼーション)」への取り組みが必要となる。

 デジタライゼーションは、ビジネスモデルやビジネスプロセス全体をデジタル化する。いわばビジネス志向のIT活用であり、デジタイゼーションとは異なり企業のIT部門だけでは推進することが難しい。業務部門とIT部門の連携、さらには経営層の理解が重要となるが、DXを実現させるためにデジタライゼーションは不可欠なもの。デジタイゼーションでデジタル化した情報から、デジタライゼーションで“新たな価値”を生み出す流れを早急につくり上げなければ、企業の持続的な成長は見込めないだろう。20年には500億台のデバイスがインターネットに接続されると予測される現在、デジタライゼーションの推進とDXの実現はあらゆる企業にとって喫緊のタスクといえる。

【次世代リチウムイオン電池】

 スマートフォンからタブレット、ノートPC、ドローン、電気自動車(EV)まで、バッテリーを利用するあらゆる機器にとってのブレイクスルーとなるのが「次世代リチウムイオン電池」だ。現在主流のリチウムイオン電池の開発に貢献した旭化成名誉フェローの吉野彰氏のノーベル化学賞受賞は記憶に新しい。ただ、最新のテクノロジーを十二分に活用するためには、現在のリチウムイオン電池を超える性能のバッテリーが不可欠。より長持ちし、より軽量で充電時間は短く、過酷な環境でも安全に利用できる次世代バッテリーが渇望されている。

 現在、最も注目されている次世代バッテリーは「全固体電池」だ。リチウムイオン電池の電解液を固体電解質に置き換えたもので、高出力に加え安定・安全性の向上、充電時間の大幅な短縮を実現。EV(電気自動車)市場で特に注目されており、トヨタ自動車は20年代前半の実用化を目指している。19年10月に開催された「CEATEC 2019」において、村田製作所が出展した全個体電池が「CEATEC AWARD 2019」経済産業大臣賞を受賞するなど、実用化も見えてきた。

 EVやドローンはもちろん、スマホなどのモバイルデバイスや各種センサー(IoT機器)といった小型の機器にも利用可能。バッテリーのブレイクスルーは、太陽光発電など自然エネルギーの蓄電にも不可欠なもので、環境問題の観点からも重要な意味を持つ。リチウムの代わりにナトリウムを使用する「ナトリウムイオン二次電池」など全個体電池以外の次世代バッテリーも開発が進んでいる。

村田製作所の全固体電池は小型ながら高容量を実現。CEATEC AWARD 2019 経済産業大臣賞を受賞した
村田製作所の全固体電池は小型ながら高容量を実現。CEATEC AWARD 2019 経済産業大臣賞を受賞した