【Amazon Sidewalk】

 19年9月にアマゾンが発表した「Amazon Sidewalk」は、IoT向けの新たな通信技術。Wi-Fiやブルートゥースが抱える“カバー範囲が狭い”という問題を解消する低帯域幅の無線接続ネットワークだ。アマチュア無線などで使われている900MHz帯の電波を使用し、低消費電力ながらも遠距離通信を可能にした。Amazon Sidewalkを採用した製品としては、20年にペットの行動を追跡できるトラッカー「Ring Fetch」が発売される予定。Wi-Fi、ブルートゥース、5Gといった通信規格ではカバーしきれなかった領域を埋める技術だ。

Amazon Sidewalkを利用したソリューション「Ring Fetch」は飼い犬の行動を追跡可能。20年の発売を予定している
Amazon Sidewalkを利用したソリューション「Ring Fetch」は飼い犬の行動を追跡可能。20年の発売を予定している

アマゾンがメガネを開発するワケ

【アンビエント・コンピューティング】

19年9月にアマゾンが発表した「Echo Frames」はマイクとスピーカーを搭載し、ハンズフリーでAlexaを利用できる眼鏡だ
19年9月にアマゾンが発表した「Echo Frames」はマイクとスピーカーを搭載し、ハンズフリーでAlexaを利用できる眼鏡だ

 コンピューターの活用というとPCやスマホなどのデバイスを操作して行うのが一般的で、デバイスを扱うための最低限のスキルが必須だった。このデバイス中心の使い方を変革するのが、「アンビエント・コンピューティング」という考え方だ。

 アンビエント(Ambient)とは「環境の」「周囲の」という意味。アンビエント・コンピューティングは、デバイス中心ではなく、環境(周囲)からコンピューターの恩恵を受けられることを指す。スマートスピーカーなどの音声アシスタント機能もその一例といえる。音声で家電製品を操作したり、ドアの鍵を閉めたりといったスマートホーム的なものにとどまらず、指示が無くともユーザーの行動を予測して各種操作を自動実行するような世界を目指している。ユーザーがどこにいても音声アシスタントの機能を使える、アマゾンの「Alexa Everywhere」構想もアンビエント・コンピューティングの一種だ。

【エッジコンピューティング】

 クラウドとIoTの普及により、あらゆるシーンでリアルタイムデータの収集が可能となった現在、製造現場のデジタル変革も進んでいる。収集されたデータは機械学習などAIで分析・活用するのが一般的となるが、クラウドに接続するデバイス数が加速度的に増大していることもあり、ネットワークの混雑で効率的な活用ができなくなるケースも出てきている。

 こうした課題を解決するため、近年ではエッジコンピューティング(エッジテクノロジー)に注目が集まっている。IoTを使って現場の情報を収集し、クラウド側で処理を行うクラウドコンピューティングから、データを収集する現場に近い位置(すなわち“エッジ”)で処理を行うエッジコンピューティングに移行することで、リアルタイム性の高い処理を実現。ネットワークトラフィックの混雑解消から通信コストの削減、さらに情報漏洩リスクの軽減などセキュリティー対策にまで効果を発揮する。クラウドコンピューティングの活用は今後も進むが、エッジ側での処理が必要となるシーンではエッジコンピューティングが活用されるなどすみ分けが進んでいくはずだ。マイクロソフトが提供を開始したIoTデバイス向けOS「Windows 10 IoT」や「Windows Server IoT 2019」「Azure IoT Edge」といったソリューションも、エッジコンピューティング向けに開発された製品となる。ドローンやコネクテッドカー分野でもエッジ側での処理が重要となってきている。

エッジ側に構築したサーバー上で処理を行うことで、ネットワークトラフィックの影響無しでデータを活用できる。クラウドとの通信はエッジサーバーから行うので安全性も高い
エッジ側に構築したサーバー上で処理を行うことで、ネットワークトラフィックの影響無しでデータを活用できる。クラウドとの通信はエッジサーバーから行うので安全性も高い

【HR Tech】

 Human Resources、すなわち“人事”とテクノロジーを掛け合わせた造語で、人事分野におけるITの活用全般を指す。フィンテックやエドテックといった「○○×Tech」のなかでも、近年世界的に注目が高まっているキーワードだ。

 HR Techの範囲は人材の採用から育成、評価、さらに労務分野の領域まで幅広い。企業の人事部と応募者の双方に大幅な効率化をもたらす採用管理システムをはじめ、各種研修を効率化して優れた人材を育成する学習管理システム(LMS)やバックオフィス業務を自動化する労務・給与管理、勤怠管理システムなどの最新サービスが続々と登場してきており、導入を進める企業は増加傾向にある。クラウドを利用したSaaS(Software as a Service)型のソリューションが多く、モバイルデバイスの活用も進んでいるなど、ITトレンドとの相性が良いのも注目が集まる要因の一つだ。HR Techが浸透すれば人事関連データの蓄積も進み、AIを利用したビッグデータ分析で新たなイノベーションも期待できる。