2020年3月27日に発表された『ブランド・ジャパン2020』。今回は、その結果と20年間のランキングを振り返ってみたい。ブランド・ジャパンの総合力トップ10を過去にさかのぼって分析すると、ときどきに元気だった企業と産業の変遷が見えてくる。家電や自動車から、流通・飲食へ、そして現在のデジタル&エンターテインメント。世の中の変化が浮き彫りになる。

『ブランド・ジャパン2020』の総合トップはYouTube(写真/Shutterstock)
『ブランド・ジャパン2020』の総合トップはYouTube(写真/Shutterstock)

 『ブランド・ジャパン2020』(一般生活者編)では、YouTubeがついに総合力トップに輝いた。一般生活者編ではブランドを「フレンドリー(親しみ)」「コンビニエント(役立つ)」「アウトスタンディング(個性や魅力)」「イノベーティブ(革新性や注目度)」の4因子で総合的に評価する。

 YouTubeはフレンドリーが6位、コンビニエントが2位、イノベーティブが2位という高い評価を得た。総合2位はLINE、6位がGoogle、7位がアマゾンと、デジタル・ネット系企業ブランドが上位に入ったのが今年の特徴。だが、20年ほど前に目を転じると別の風景が見えてくる。

ブランド・ジャパン2020 総合力ランキング(上位100ブランド)
ブランド・ジャパン2020 総合力ランキング(上位100ブランド)

 「ブランド・ジャパン2002(以下、年号のみで表記)」では、トップはソニーだった。その他、パナソニックやホンダなど家電、自動車が強かった。

 ソニーの変遷を見ると、「2003」でも1位、その後も2位、1位と「2010」まではトップ10内をキープするが、「2011」で12位に転落すると、その後は「2014」の2位を除いては20位以下を低迷。最近では「2018」の14位が最高だ。ホンダは「2007」以降、20位以下と低迷。トヨタ自動車も「2009」以降、一時的にトップ10に入るが、「2020」で68位と沈んだままだ。

 家電・自動車などの製造業に代わって台頭してきたのが、流通や飲食などのサービス業だ。マクドナルドは「2010」で7位となり、「2012」までトップ10を維持。セブン-イレブンは「2015」で1位に輝いた。

 「2007」で初めてGoogleが2位とトップ10に入ると、急速にデジタルやエンターテインメントのブランドが勢いを増してくる。

 Googleは「2009」以降、連続して上位に位置し、「2011」と「2018」で1位となった。YouTubeは「2011」で7位と圏内に入ると、「2018」を除いて上位を占め、「2020」で1位となった。アマゾンは「2014」で4位になると、以降強さを見せ、「2016」と「2019」で1位となった。この他、楽天市場も「2011」からトップ10入りした。圏外ではあるが、クックパッド、メルカリなどのブランド評価も高まった。

ブランド・ジャパン 総合力ランキング 2002~2020の上位10ブランド
ブランド・ジャパン 総合力ランキング 2002~2020の上位10ブランド
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>