一休社長の榊淳氏が「データサイエンスの未来」を語り合う対談企画。今回はLaboro.AI(ラボロエーアイ)の椎橋徹夫氏との対談の2回目。検索を前提としたサービスにパラダイムシフトが起きる可能性について考察する。

一休社長の榊淳氏(右)による対談企画、今回のゲストはAIスタートアップ、Laboro.AI(ラボロエーアイ、東京・中央)の椎橋徹夫CEO(左)
一休社長の榊淳氏(右)による対談企画、今回のゲストはAIスタートアップ、Laboro.AI(ラボロエーアイ、東京・中央)の椎橋徹夫CEO(左)

榊淳氏(以下、榊氏) 前回は、B2C系スタートアップが成功するために「ポジショニング」がカギになるというお話でした。一休もポジショニングに優れた会社と思っていますが、例えば、GAFAが持つ巨大な(人や資金、技術などの)経営リソースや、実際にやっていることを当社と比べると大きな差があります。そこに僕たちは強い危機感を持っています。

椎橋徹夫氏(以下、椎橋氏) 確かにGAFAとは大きなギャップがあると思いますが、それは顧客価値の差として、どう現れているのでしょうか。仮に彼らとのリソースの差が埋まったとすると、一休のユーザーが享受できる価値はどう変わると思いますか。

榊氏 僕たちがグーグルと同じ自然言語処理の能力を持ったら、めちゃくちゃ賢いサイトを作れると思いますよ。

 例えばレストラン検索は少し前まで、「渋谷 イタリアン」といった単純な検索が一般的でした。しかし最近は「デート向け」や「夜景がきれい」といった(曖昧な)言葉を加えて検索することが増えています。これに多くのグルメサイトは対応できませんが、グーグルなら対応できる。

 では僕たちはどうするかと言えば、グーグルだったらどんなランディングページを用意するかを想像して、例えば「渋谷のイタリアンでデートに向いていて夜景がきれいな店」といったページを作ることになります。

 僕たちはレストラン検索に特化しているので、いろんなフレーズに対応したページを作れます。例えば「気軽に行けるフレンチ」といったニーズに対応するページは作れる。でも次に検索されるのは、例えば「シャバシャバなカレー」かもしれない。

 グーグルのような自然言語処理能力を持っていないので、(この方向で対応するなら)そんなページを数10万種類も作らないといけなくなる。これではとてもグーグルに追いつけない。

椎橋氏 今のお話は要するに、曖昧な検索キーワードで欲しいものを探す方法のことですよね。ただ僕が最近考えているのは、やがて「検索という行為自体がなくなる」のではないかということです。

 今のインターネットサービスのほとんどは検索して使うことが前提です。欲しいものを自分で見つけた人が、それを顕在化、言語化した後のプロセスしかサポートしていません。

 これの対極にあるのが、ホテルやレストラン領域などで活躍するコンシェルジュです。彼らは深いドメイン知識を武器にして、顧客が言語化できないニーズを見つけて対応する。それがコンシェルジュの価値ですよね。

 その人が欲しそうなものを選択肢として複数提供し、対話を通して欲しいものを探し出す。僕たちは「レコメンドの次はサジェスチョン」という言い方をしています。

対談ゲスト:Laboro.AI CEO 椎橋徹夫氏
米国州立テキサス大学理学部物理学/数学二重専攻卒。ボストン コンサルティング グループに入社後、東京オフィス、ワシントンDCオフィスにてデジタル・アナリティクス領域を専門に国内外の多数のプロジェクトに携わる。後に東京大学工学系研究科松尾豊研究室にて「産学連携の取り組み」「データサイエンス領域の教育」「企業連携の仕組みづくり」に従事。同時に東大発AIスタートアップの創業に参画し、2016年、Laboro.AIを創業、代表取締役CEOに就任
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>