今夏米国で開かれた音声テクノロジー業界専門のカンファレンス「VOICE Summit 2019」では、音声アシスタントの世界を体験できるワークショップが多数開催された。その内容は、プログラミングやデザインなど専門職向けのものから、マーケティングやビジネス戦略を取り扱うものまで多岐にわたった。その全貌を2回に分けてご紹介する。

米国ニュージャージー州ニューアークで今夏開かれた「VOICE Summit 2019」では、魅力的なワークショップも多数開かれた
米国ニュージャージー州ニューアークで今夏開かれた「VOICE Summit 2019」では、魅力的なワークショップも多数開かれた

 筆者のように音声入力を使ったユーザーインターフェース「VoiceUI」(VUI)のデザインをクライアント向けに提供している身からすると、VOICE Summit 2019では明日からでもすぐに役に立つ実践的なワークショップがとても役立った。今回は、中でもスマホの次を担う音声UIを今後企業が使いこなすうえで役立つ2つのワークショップについてお話ししたい。

音声アシスタントならではの「ペルソナ」とは

 まず1つ目は、会期初日の午前中に参加した米グーグルのワークショップだ。同社で「Conversational Designチーム」のヘッドを務めるウォリー・ブリル氏が、「The Google Conversation Design Workshop」と題して開催し、席が足りなくなるほどの人気ぶりだった。

 参加者全員にとって会期初日の初っぱなだったということから、会場内は参加者の高ぶる気持ちで満たされていた。

ワークショップ「The Google Conversation Design Workshop」は3時間にわたって開催された
ワークショップ「The Google Conversation Design Workshop」は3時間にわたって開催された

 3時間にわたるワークショップの前半は、講義形式だ。音声アシスタントとの対話について「human-centered design(人間中心設計)」のアプローチをいかに設計に取り入れるか、また音声アシスタントのペルソナ(キャラクターの人物像)をどうデザインすべきかの手法を学んだ。

 まず、自社のブランドイメージから連想できるアシスタントを考え、キャラクターを設定することが大切だと説いた。そのうえで、どのようなトーンや言い回しを使うかを決めていくべきだとした。一例として航空業界の音声アシスタントを挙げて、大手航空会社と格安航空会社(LCC)ではブランドの違いから異なるスクリプト(台本)を採用していることを示した。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>