TVデータ大変革 デジタル時代の活用術
全8回

TVデータ大変革 デジタル時代の活用術

2020年にテレビのデータが大きく進化する。ビデオリサーチが、視聴率調査を数十年ぶりに一新する「新視聴率計画」を実現させる。これにより、テレビは個人ベースでの視聴測定が全国一律に可能になり、ナショナルブランドの広告主にとっては、ターゲット毎の効果測定や人数換算などデジタルとの統合分析が進めやすくなる。デジタル時代にテレビを効果的に使うための正しいデータマーケティングを学ぶ。
  • データマーケティングを正しく理解 DMPは個人特定マーケではない
    第1回
    2019.11.19
    データマーケティングを正しく理解 DMPは個人特定マーケではない
    この連載では、テレビを中心にデータドリブンなマーケティングのスキルアップにつながる考え方や手法などについて紹介していく。第1回は用語の整理から始めたい。近年、「データ(ドリブン)マーケティング」という用語が氾濫して、誤用や混同が増えている。それを正しく理解することが必要だ。
  • テレビCMの効果を劇的改善 エリアマーケティングのススメ
    第2回
    2019.12.05
    テレビCMの効果を劇的改善 エリアマーケティングのススメ
    個人のデータを取得して活用するマーケティング手法は多くの企業に広まったが、多くの消費財メーカーにとって必ずしも最適ではない(関連記事「データマーケティングを正しく理解 DMPは個人特定マーケではない」)。「個人」はマーケティングの単位として細かすぎて、効率が悪いからだ。そのため「エリア単位」が有効だ。第2回はその理由とエリアマーケティングで効果を上げるための方法を紹介する。

関連特集・連載

人工知能「超・進化論」
人工知能「超・進化論」
VoiceUI最前線
VoiceUI最前線
ミレニアルズが読み解く2020年
ミレニアルズが読み解く2020年
全3回
データサイエンスの未来 一休社長対談
データサイエンスの未来 一休社長対談