※日経トレンディ 2019年12月号の記事を再構成

2020年、文具・日用品分野でどんな商品がヒットしそうなのか。日経トレンディ編集部が6商品を選び、3つ星で評価した。「ロボット家具」「エアレスタイヤ」が新キーワードとして登場しそうだ。

★★★]ジェットストリーム エッジ

 ボールペンの定番ブランドが“超”極細タイプを発売。三菱鉛筆の「ジェットストリーム エッジ」は、油性ボールペンで世界最小となる0.28mm径を採用した。パイロットコーポレーションの「フリクションポイントノック04」も0.4mmで書き味を向上。手帳の新定番ペンとして重宝する。

ジェットストリーム エッジは、滑らかな書き心地はそのまま、これまでに無いほど細い線を引ける
ジェットストリーム エッジは、滑らかな書き心地はそのまま、これまでに無いほど細い線を引ける
パイロットのフリクションポイントノック04は、キャップレスで、スムーズな書き出しが可能になった
パイロットのフリクションポイントノック04は、キャップレスで、スムーズな書き出しが可能になった

★★☆]ルーズリーフミニ

 文具女子博などで注目された小型のルーズリーフ「書きやすいルーズリーフミニ」(マルマン)に、ToDoリストやスケジュール管理などができるリーフが登場。ケイ線が引かれたシンプルなノートではなく、より機能的になることでスマホと共存できる手帳として人気を集めそうだ。

スマホには毎日の予定を入れ、ミニリーフではイベントや勉強のタイムスケジュールを管理するといった使い方ができる
スマホには毎日の予定を入れ、ミニリーフではイベントや勉強のタイムスケジュールを管理するといった使い方ができる

★☆☆]ROGNAN

 狭い空間を有効活用できるロボット家具「ROGNAN」がIKEAから登場する。タッチパッドを操作すると家具がローラーで自動的に移動。ソファの下にベッドが格納され、棚が動くなど、1つの部屋を寝室やウオークインクローゼット、作業スペース、リビングルームなどとして使えるようになる。日本と香港で2020年に発売される予定。

★☆☆]デジタル歯ブラシ

 京セラとライオンが開発した「Possi(ポッシ)」は、ブラシ部分が歯に当たると振動で音楽が聞こえてくる歯ブラシ。センサーを内蔵する「SMASH」(NOVENINE)は口臭の原因となる成分を検知しスマホで分析する。様々なテクノロジーを歯科領域に生かす「デンタルテック」が20年にも広まる。

SMASHは、朝一番の口臭の測定データから歯周病のリスクを判定する機能を搭載している
SMASHは、朝一番の口臭の測定データから歯周病のリスクを判定する機能を搭載している
Possiは子供が嫌がる歯磨きを親子で楽しめる時間に変えるという
Possiは子供が嫌がる歯磨きを親子で楽しめる時間に変えるという

★★☆]SUHADA seal

 近く、店頭での本格展開を予定する「SUHADA seal」(コスモテック)は、素肌に貼り付けて傷痕やタトゥーなどを隠せるシール。耐水性があり、温泉やプールにも気兼ねなく入れるとして、若年世代や東京五輪で増える外国人観光客向けを中心に利用者が増えそうだ。

2タイプ(自然に隠す・しっかり隠す)、4色、3サイズで商品展開する
2タイプ(自然に隠す・しっかり隠す)、4色、3サイズで商品展開する

★☆☆]エアフリーコンセプト

 これまでの常識を覆す、“空気を入れないタイヤ技術”「エアフリーコンセプト」(ブリヂストン)が20年に実用化される予定。タイヤ側面にある特殊形状の樹脂製スポークで自転車の荷重を支える仕組みだ。パンクの心配が要らないエアレスタイヤの次世代自転車が生まれる。