※日経トレンディ 2019年12月号の記事を再構成

日経トレンディが選んだ「2020年ヒット予測ランキング」8位は「ASMR(エーエスエムアール)」。若者発の「快感音」ムーブメントが一気に広がる。睡眠&リラックス系アプリが台頭。商品開発やブランディングなど、企業活用も加速する。時代は“フォトジェニック”から“音ジェニック”へ。

ねじ切り音やバーナーの燃焼音など、自社の持つ固有の音を発信する企業も増えている
ねじ切り音やバーナーの燃焼音など、自社の持つ固有の音を発信する企業も増えている

【8位】快感音ジェニック ASMR(エーエスエムアール)

睡眠系アプリに脚光。商品開発やマーケティング活用も拡大

 耳かきをする音、揚げ物を食べる音、スライムを握る音……。今、YouTubeやTikTokなどの動画アプリには、こんな音を収録した異色の投稿が目立つ。その正体は「ASMR動画」だ。

 ASMRとは、聴覚への刺激で得られる快感や心地よさ、ゾクゾクした感覚を指す。ASMR動画は、そしゃく音や環境音の他、ささやき声などをリアルに収録したものが一般的だ。「LisPon」など、声や音に特化したアプリも登場し、ASMR動画のクリエイター「ASMRist(アスマーリスト)」には多くのファンが付く。「JC・JK流行語大賞」(AMF調べ)のコトバ部門で2019年上半期1位に選ばれるなど、若者を中心にトレンドとなっている。

 そんな若者発のムーブメントが、20年には一気に拡大する。なかでも注目なのが、睡眠市場だ。

 ASMRビジネスで先行する米国では、睡眠やリラックス目的のASMRアプリが市場をつくっている。代表格の動画アプリ「Tingles」が熱狂的ファンを抱え、人気ASMRistには投げ銭が集まる。日本でも既にアプリが公開され、今後注目を集めそうだ。日本は先進国のなかでも睡眠時間が突出して短い。睡眠改善ニーズが高く、新機軸の動画アプリとして定番化する可能性を秘める。

 一方、企業もASMR動画・音声の制作や活用に乗り出し始めている。例えば、本を朗読したオーディオブックを配信するオトバンクとquantumは、共同でオーディオレーベル「SOUNDS GOOD」を開始。東京ガスの工業用バーナーの燃焼音など、現場でしか聞くことができない貴重な音をASMR音源化し、ブランディングに活用する。「アーティストとのコラボを通じ、固有の音を楽曲化することで若者などにも広がりやすくなる」(quantumの安藤紘氏)という。

 また、商品の開発やマーケティングに活用する動きも広がる。日本ケンタッキー・フライド・チキンは19年4月、数量限定の「パリパリ旨塩チキン」の発売に合わせ、そしゃく音を押し出したネット動画を配信。菓子や家具メーカーなども活用を進めており、様々な業界に波及するのは必至。フォトジェニック、ムービージェニックに続き、「音ジェニック」が幅広く浸透するはずだ。

●ASMRとは
Autonomous Sensory Meridian Responseの略。聞くだけで快感や心地よさなどを感じる反応を指す

個人から企業まで“快感音”があまねく広がる

【企業ブランディング】

SOUNDS GOOD
SOUNDS GOOD
企業に関連するユニークな音を収録したASMRコンテンツを公開。第1弾には、東京ガスやJR東日本などが参加

【ASMRist配信】

(左)TikTok(右)LisPon
(左)TikTok(右)LisPon
YouTubeやTikTokなどの動画アプリでは、ここ最近ASMR動画の投稿が急増。声や音を使ったコンテンツ配信に特化したアプリ「LisPon」なども人気を集める

【睡眠アプリ】

Tingles
Tingles
自然の音やささやき声、ノイズなど、リラックス目的のユーザーに向けたコンテンツが中心

【商品宣伝】

日本ケンタッキー・フライド・チキン
日本ケンタッキー・フライド・チキン
19年4月に発売した「パリパリ旨塩チキン」のそしゃく音を、ASMR動画として公開。SNSで拡散し、話題を集めた

●録音グッズにも注目が集まる
ASMR動画の収録には、その場にいるような臨場感を再現できるバイノーラル録音に対応したマイクが最適。耳の形を模したものが主流だが、スマホに取り付ける低価格モデルも登場。下は海外のクラウドファンディングで人気を集める「Q Mic」