※日経トレンディ 2019年12月号の記事を再構成

日経トレンディが選んだ「2020年ヒット予測ランキング」6位は「まふまふ」。まふまふはネットが主戦場の“ひきこもり”。ただし、人気は「ドーム級」。強い共感を生む歌詞で若者の支持を集める「知られざる超人気アーティスト」の革命を3月、大衆が目の当たりにする。

メディアでの顔出しは控え、イラストでも自身を表現する
メディアでの顔出しは控え、イラストでも自身を表現する

【6位】“ひきこもり”の旗手 まふまふ

知られざる超人気アーティストの存在を、大衆が目の当たりにする

 一人の“ひきこもり”が2020年、東京ドームで革命を起こす。その名はまふまふ。ネットを中心に活動してきた、音楽アーティストだ。

 彼の出発点となったのは、ニコニコ動画などにある「歌ってみた」という動画投稿の文化。初音ミクなどのボーカロイドが歌うことを前提に作られ、人が歌うには難しい音域やテンポの「ボカロ曲」を歌いこなす技巧などを披露する場だ。のどに覚えのある若者たちがここに集まり、まふまふも2010年から音楽活動を開始。「歌ってみた」では名の知れた存在だった。

 12年からは、通常はエンジニアに任せるマスタリングなども自身で手掛け、オリジナル曲の制作も開始。19年10月16日にリリースした最新アルバム『神楽色アーティファクト』は初週10.7万枚を売り上げる人気ぶりだ。

 これだけのセールスが可能なアーティストながら、あくまで彼は、ネットを主戦場とする“ひきこもり”を原点とする。「ネットに集まる仲間と同じ目線に立った歌詞が、強い共感を生んでいる」と話すのは、ロッキング・オン・ジャパン編集プロデューサーで、「CUT」10月号で初めてまふまふにロングインタビューを行った小栁大輔氏。「暗い側面も含めて、世間に言いたいことは言う。でも、何かを教えたり、啓蒙したりすることは絶対にしない。生きにくい思いを抱えた若者にとって、自分たちの気持ちを代弁してくれる存在として、熱狂的に支持されている」(小栁氏)。