※日経トレンディ 2019年12月号の記事を再構成

東京五輪、嵐の活動休止、アナ雪2……2020年は日本に様々な熱狂が訪れる――。筋力を拡張するアシストスーツ、スマホで鍵を開けるスマートキーと夢の技術が次々と実を結ぶ。令和を迎え新時代の消費ニーズも見えてきた。激動の20年に起こることを徹底予測した。

2020年ヒット予測ランキング 「嵐ロス」が全国を覆う見込み(画像)
「2020年ヒット予測ランキング」の選考基準
 2019年10月から20年にかけて登場する商品やサービス、施設についての情報を収集し、その結果からベスト40を選んだ。
 選考の基準は、①売り上げ、販売量が伸びることが予想される②画期的な技術や着眼点がある③消費者の生活スタイルが変わる可能性がある、の3つ。これらを基準にして、編集部でランキングを決めた。

評価項目
【売れ行き】:売り上げやシェアはどれだけ拡大しそうか。どれだけ人を集めるか。
また、ヒットした際にどれだけ売れ行きが継続しそうか
【新規性】:これまでに無い画期的な技術、着眼点、売り方の工夫があるか
【影響力】:他社の追随を呼んだり、従来に無い市場を形成したりするなど、生活スタイルや社会の常識を変える可能性があるか

【1位】特等席が全国に

どこでも東京五輪&応援村
説明不要のビッグイベントが列島をのみ込む。フェス感覚で楽しめる“進化版パブリックビューイング”が各地に出現。東京は各国の「テーマパーク」で彩られ、“巨大万博会場”と化す

【2位】応援熱クライマックス

嵐ロス
活動休止に向けて、史上最大の応援と感謝の渦が巻き起こる。ファンクラブ会員は活動休止発表後30万人増。ツアーやアルバムなどによる一連の経済効果を3000億円と見積もる声も

【3位】“リアルマリオ”化パーク

SUPER NINTENDO WORLD
あのマリオカートが、ヨッシーライドがアトラクションになる。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに世界初の任天堂エリアが誕生。世界中のマリオファンが、大阪へと押し寄せる

2020年ヒット予測ランキング 「嵐ロス」が全国を覆う見込み(画像)

【4位】スマホ決済第2章

国民総キャッシュレス
人気のスマホ決済は、対応する店舗やサービスがさらに拡大。夏場には「マイナポイント」も始まり、国策による“お得”も続く。ダブルの追い風は、キャッシュレス決済を爆発的に広げる

【5位】地上230mの天空芝生広場

SHIBUYA SKY(渋谷スクランブルスクエア)
渋谷駅の真上に再開発の“本丸”がついに完成した。スクランブル交差点をどこよりも高くから眺められ、遠くは富士山まで見渡せる。究極の絶景が、渋谷を世界的な観光地へと押し上げる

2020年ヒット予測ランキング 「嵐ロス」が全国を覆う見込み(画像)
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>