※日経トレンディ 2019年12月号の記事を再構成

日経トレンディと日経クロストレンドが発表した「2019年ヒット商品ベスト30」26位に「新ペットボトル紅茶」が選ばれた。ミルクやフルーツの味わいを感じられる爽やかさが受け、“紅茶派”の女性が急増。代表3ブランドで計750万ケース出荷と躍進した。

(左)「午後の紅茶 ザ・マイスターズ ミルクティー」3~9月 210万ケース(中央2点)「クラフトボスTEA ノンシュガー」と「同ミルクTEA」計3~9月 460万ケース(右)「TEAs’TEANEWAUTHENTIC 生オレンジティー」1カ月で80万ケース
(左)「午後の紅茶 ザ・マイスターズ ミルクティー」3~9月 210万ケース(中央2点)「クラフトボスTEA ノンシュガー」と「同ミルクTEA」計3~9月 460万ケース(右)「TEAs’TEANEWAUTHENTIC 生オレンジティー」1カ月で80万ケース

【26位】新ペットボトル紅茶

代表3ブランド計750万ケースの躍進
女性のニーズ捉えて“全員勝ち”に

 ペットボトルコーヒーが2018年に占有したコンビニ棚に、今度はペットボトル紅茶が殴り込みをかけた。主役は、3月発売の「クラフトボスTEA ノンシュガー」と7月発売の「同ミルクTEA」。9月までに計460万ケースを出荷した(飲料総研調べ、以下同)。王者の午後の紅茶ブランドから3月に出た「同 ザ・マイスターズ ミルクティー」も210万ケースを出荷。「ブランド全体の、前年比108%という成長をけん引した」(キリンビバレッジ)。一方、8月発売の「TEAs’TEANEWAUTHENTIC 生オレンジティー」も、1カ月で80万ケース出荷の垂直立ち上げを果たした。

 共通するのは、微糖でミルクやフルーツの味わいを感じられる爽やかさ。「コーヒーは重い。甘みは欲しいが糖は罪」という大人の女性のニーズに、ぴたりとはまった。「わたしは、紅茶派。」という午後の紅茶のキャッチコピーを自認する人が増え、“全員勝ち”の市場へと成長。9月にリニューアル発売した「紅茶花伝 ロイヤルミルクティー」も発売早々品切れに。紅茶バブルはまだまだ続きそうだ。

■午後の紅茶ブランド伸長に新商品が寄与
■午後の紅茶ブランド伸長に新商品が寄与
「既存のミルクティーと新商品との奪い合いは起きず、3月以降はブランド全体が伸長」(TrueDataデータアナリスト原菜穂子氏)
注)True Data調べ。スーパーにおける買物指数の推移。買物指数とは、来店者100万人当たりの売上金額
キリン 午後の紅茶 ザ・マイスターズ ミルクティー
キリン 午後の紅茶 ザ・マイスターズ ミルクティー
サントリー食品インターナショナル クラフトボスTEA
サントリー食品インターナショナル クラフトボスTEA