※日経トレンディ 2019年12月号の記事を再構成

日経トレンディと日経クロストレンドが発表した「2019年ヒット商品ベスト30」14位に『天気の子』が選ばれた。天気の子は興収136億円、2019年公開の映画で堂々1位。『君の名は。』に続き成功を収めた。2作連続100億超えを果たした映画監督は新海誠氏で2人目だ。

興行収入140億円を達成見込み ©2019「天気の子」製作委員会
興行収入140億円を達成見込み ©2019「天気の子」製作委員会

【14位】天気の子

2作目も観客動員1000万人超え
ジブリ以来のヒットメーカー誕生

 興行収入250億円という『君の名は。』の歴史的ヒットから3年。新海誠監督の新作『天気の子』が、7月19日に東宝最大規模の全国359館で公開され、観客動員1000万人超、興行収入140億円を突破しそうだ。100億超えが3本も出た19年の劇場映画のなかで、堂々1位に君臨した。