2019年11月1日、月刊情報誌「日経トレンディ」と、デジタルメディア「日経クロストレンド」は、「2019年ヒット商品ベスト30」を発表した。

 毎年恒例のこの企画は、18年10月から19年9月までに発表・発売された商品やサービスを、「売れ行き」「新規性」「影響力」の3項目で総合的に判定。1位から30位までのランキングにしたものだ(期間前に発表・発売された商品でも、期間内に著しくヒットしたものは対象となっている)。

 ランキングの「ベスト10」は以下の通り。

1位  ワークマン(アパレル)
2位  タピオカ(食品)
3位  PayPay(スマホ決済)
4位  ラグビーW杯2019日本大会(スポーツ)
5位  令和&さよなら平成
6位  ボヘミアン・ラプソディ(映画)
7位  Netflix(動画ストリーミング)
8位  米津玄師(アーティスト)
9位  ルックプラス バスタブクレンジング(洗剤)
10位  ハンディーファン(日用品)

なぜワークマンが1位なのか

 1位は「ワークマン」。作業服店が見せ方一つでアウトドアウエアショップに変貌。19年8月の売上高は前年比で約60%伸び、店舗数はユニクロを超えた。今や「ポストユニクロ」の呼び声も過大評価ではない。

「激安&高機能」路線のアウトドアウエアは女性にも大人気
「激安&高機能」路線のアウトドアウエアは女性にも大人気
[画像のクリックで拡大表示]
新業態の「ワークマンプラス」。職人向け作業服メーカーというイメージを覆す店づくりで、全国各地に大行列をもたらした
新業態の「ワークマンプラス」。職人向け作業服メーカーというイメージを覆す店づくりで、全国各地に大行列をもたらした

 ただ、今年は「令和」「タピオカ」「PayPay」「ラグビーW杯2019日本大会」など、日本中が熱狂した商品・サービス・イベントが目白押しだった。

 その中でもワークマンを1位に選んだ理由について、日経トレンディ編集長の佐藤央明は「激安&高機能のカジュアルウエアはこれまでなく、新たな市場を開拓した新規性と、作業着ブランドを女性が着る、というこれまでには考えられなかった影響力。売り上げの高さや店舗数の伸びに加えて、これらの要素を総合して選出した。全く同じ商品を、見せ方を変えて別ブランドとして売る、というマーケティングも秀逸だった」と語る。

 30位までのランキングやヒットの理由を解説した「2019年ヒット商品ベスト30」は日経トレンディ12月号(11月2日発売)に掲載。日経クロストレンドでも11月1日からランキング記事を順次掲載する。


「33年分のヒット商品」をまとめた総覧をご提供します
1987年~2019年の「日経トレンディ ヒット商品ベスト30」をすべてまとめた総覧を、期間限定でダウンロードできます。企画をはじめとした仕事資料にご活用ください。
ダウンロードはこちら