蓋やストローの材料を見直すなど、多くの飲食関連企業が“脱プラスチック”を掲げるなか、「バタフライカップ」というユニークなカップが注目されている。カップと蓋を一体化したデザインを採用し、プラスチック製の蓋とストローが不要になる構造が特徴だ。

現在、販売しているバタフライカップのサイズは、250ミリリットル(左)と375ミリリットル(右)の2種類。右はIPPUKU&MATCHAオリジナルのスリーブを付けたもの。スリーブのデザインは、GRAPHの吉本雅俊氏が担当
現在、販売しているバタフライカップのサイズは、250ミリリットル(左)と375ミリリットル(右)の2種類。右はIPPUKU&MATCHAオリジナルのスリーブを付けたもの。スリーブのデザインは、GRAPHの吉本雅俊氏が担当

 加えて、生分解性プラスチックの「BioPBS」を使用し、土中の微生物の力で水と二酸化炭素に自然に分解されるため、使い捨てが可能だ。アイルランドのButterfly Cupが開発した。

 構造はシンプルで、上部にある白い部分を折り線に沿って内側に倒すだけ。2枚の蓋を重ねると、両端にできる小さな穴が飲み口となる。カップの形が楕円形で、飲み口は上を向いた状態で左右に反り上がる形状なので、持ち歩いてもこぼれにくい。耐熱性もあり温かい飲料にも使える。

バタフライカップの蓋を開けた状態。上部の白い部分が蓋となる
バタフライカップの蓋を開けた状態。上部の白い部分が蓋となる
2枚ある蓋を折れ線に沿って内側に倒す。倒す順番があり「Close 1st」「Close 2nd」という表記がプリントされている
2枚ある蓋を折れ線に沿って内側に倒す。倒す順番があり「Close 1st」「Close 2nd」という表記がプリントされている
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>