プラスチックごみ危機に挑む!
全5回
プラスチックごみ問題が世界規模で喫緊の問題になっている。使い捨てない「ごみゼロ」へ、世界の企業がかじを切り始めた。その動きは2030年に7兆円のビジネスを生むと言われる。日本企業もいち早く取り組むことが求められている。プラスチックゴミ問題を巡る世界の潮流と、先進企業の動きを追う。
  • 世界に遅れるな プラスチックごみ問題が製品開発に変革迫る
    第1回
    2019.10.28
    世界に遅れるな プラスチックごみ問題が製品開発に変革迫る
    プラスチックごみ問題が世界規模で喫緊の問題になっている。使い捨てない「ごみゼロ」へ、世界の企業がかじを切り始めた。その動きは2030年に7兆円のビジネスを生むと言われる。日本企業もいち早く取り組むことが求められている。プラスチックごみ問題を巡る世界の潮流と、先進企業の動きを追う。
  • 花王もプラごみ対策急ぐ 容器開発が競争力を左右する時代に
    第2回
    2019.10.29
    花王もプラごみ対策急ぐ 容器開発が競争力を左右する時代に
    花王も海洋プラスチックごみ問題への対応を急ぐ。2019年4月に公開したESG戦略「Kirei Lifestyle Plan」。同プランは3つの柱で構成され、環境問題への対策もその一つ。特にプラごみ問題では、これまで続けてきた容器の薄肉化、詰め替え促進といった取り組みを加速させ、新たなステージを目指す。
  • P&Gやネスレが参加 「容器を捨てない」新ビジネスモデルに注目
    第3回
    2019.10.30
    P&Gやネスレが参加 「容器を捨てない」新ビジネスモデルに注目
    海洋プラスチックごみ問題が世界規模で喫緊の問題になっている。欧米では「Loop(ループ)」と呼ぶビジネスモデルに注目が集まる。米P&Gやスイスのネスレ、米ペプシコ、英蘭ユニリーバなどが参加するこのビジネスモデルは、容器を「使い捨てない」で販売することができる。
  • サントリー、キリンのパッケージ戦略 リサイクル待ったなし
    第4回
    2019.10.31
    サントリー、キリンのパッケージ戦略 リサイクル待ったなし
    海洋プラスチックごみ問題が世界規模で喫緊の問題になっている。プラスチックが人々の生活に恩恵を与えていることは確かだが、同時に、ごみ問題への対応もメーカーにとって避けて通れない。飲料メーカーは、ペットボトルに関する新たな戦略を相次いで策定している。リサイクル推進は待ったなしだ。
  • アスクルのLOHACOもプラごみ削減へ デザイン×サステナブル推進
    第5回
    2019.11.01
    アスクルのLOHACOもプラごみ削減へ デザイン×サステナブル推進
    アスクルは2019年10月19日から4日間、BA-TSU ART GALLERY(東京・渋谷)で「暮らしになじむLOHACO展 2019」を開催した。今回は「サステナブル」をテーマに掲げ、45社が52点の新商品を発表。世界的にプラスチックごみによる海洋汚染が問題となる中、LOHACO事業を担当する木村美代子COO兼CMOにサステナブルな商品開発の実際を聞いた。

関連特集・連載

【PR】地方発ヒット商品の作り方
【PR】地方発ヒット商品の作り方
【PR】「働くひとの西宇和みかん」とは
【PR】「働くひとの西宇和みかん」とは
【PR】小田急MaaSの挑戦
【PR】小田急MaaSの挑戦
【PR】勝てるローカルTVCM戦略
【PR】勝てるローカルTVCM戦略