2030年に生まれる新市場作りに挑むスタートアップ企業の1社が、AI(人工知能)開発のクーガーだ。IoT機器で覆い尽くされる未来のインターネットでは、マシンと人間の間の橋渡しをしてくれる新しい概念「インテリジェント・ヒューマン・エージェント」が必須の存在なるとみて、日々要素技術の開発に余念がない。同社が描く10年後の未来予想図をひもとく。

クーガーは、基盤技術「Connectome」(コネクトーム)によって仮想的な人格を持ち人間と対話できるエージェントの実現に挑んでいる(提供:クーガー)
クーガーは、基盤技術「Connectome」(コネクトーム)によって仮想的な人格を持ち人間と対話できるエージェントの実現に挑んでいる(提供:クーガー)

 ありとあらゆるデバイスがIoT(インターネット・オブ・シングス)化され、インターネット上を飛び交うデータは今後爆発的に増える。調査会社の米IDCによると、25年に全世界で普及するIoT機器は416億台に達し、IoTマシンが生み出すデータの総量は年間で79.4兆ギガバイトになるという。

 地球上の全人口の数倍もの数のマシンが地球上を覆い尽くし、途方もない規模に膨れ上がったデータが秒単位で正確無比にネット上でやり取りされる未来の社会。もはや人間の手には負えず、各マシンが自律的にそれぞれの役割を担う必要が出てくる。45年にも人の能力を超える「シンギュラリティー」(技術特異点)に達するとされるAIに、その制御を委ねようと考えるのは当然の帰結だろう。

 今から10年後の30年、全産業はIoTとAIを前提としたビジネス構造へとアップデートされる。総務省の試算によると、全産業の市場規模(生産誘発額)はIoTやAIの進化によって30年には20年比で27%増となる1495兆円に成長。実質GDP(国内総生産)で見ると、132兆円もの押し上げ効果が期待できるという。消費・マーケティングの手法も、現在の常識とは違うものへと置き換わっていくことになりそうだ。

“マシンインターネット”の時代がやってくる

 「AIを搭載したマシン同士がコミュニケーションを図る、“マシンインターネット”の時代がやってくる。人間は、マシンインターネットとの橋渡しをしてくれるエージェントに頼ってネットを操るのが新常識になる」。こんな新概念を唱えるのが、AI開発のスタートアップ企業クーガー(東京・渋谷)代表取締役CEO(最高経営責任者)の石井敦氏だ。

AIスタートアップ企業のクーガーは、「パソコン」「スマートフォン」「音声アシスタント」に次ぐ第4のマン・マシン・インターフェースがエージェントになるとみて開発を進めている
AIスタートアップ企業のクーガーは、「パソコン」「スマートフォン」「音声アシスタント」に次ぐ第4のマン・マシン・インターフェースがエージェントになるとみて開発を進めている

 石井氏はライコスジャパンで大規模検索エンジンを開発した後、同社を買収した楽天に移り検索技術のノウハウを磨き上げてきた。その後、米グーグルや起業家イーロン・マスク氏が設立した宇宙ベンチャースペースXなどの誘いを断ってクーガーを起業した。

 マシンインターネットの世界では、IoT機器同士が効率的に通信できればよく、データ形式は人間が解読可能である必要はなくなるというのが石井氏の見立てだ。そこでマシン同士の“会話”を人間のために翻訳し、逆に人間の振る舞いをきちんと理解してマシンに伝える自分専用の執事のような存在が求められるという。

 イメージは、SF映画の金字塔「2001年宇宙の旅」に登場するコンピューター「HAL 9000」だ。HAL 9000のような人格を持った仮想的なキャラクターが、自分に代わってさまざまな処理をマシンインターネットとの間でこなしてくれる。

 人とマシンを結ぶインターフェースはこれまでパソコンから、スマートフォン、現在は音声アシスタントへと移り変わってきた。そして第4の進化形態こそが人間のような知性や人格を備えたエージェントであり、いずれ世代交代が起こると石井氏は見る。「インテリジェント・ヒューマン・エージェント」とでもいうべき新しいインターフェースであり、今は絵空事のHAL 9000をスクリーンの外に連れ出すべく、クーガーが開発しているのがインテリジェント・ヒューマン・エージェントを自社なりに定義した「バーチャル・ヒューマン・エージェント」という概念を実現するための基盤技術「Connectome」(コネクトーム)だ。