未来の市場をつくる100社
全9回
新しい市場をつくり、日本企業の成長に大きな貢献をするであろう気鋭のスタートアップを取材。各社が開発に取り組むテクノロジーやサービスの詳細ととともに今後、市場や消費トレンドにどのようなインパクトを与えるのか。3年後(2023年)、5年後(2025年)、そして10年後(2030年)というインパクトタイミングを示しつつ、新しい市場と消費トレンドの未来図を提示する。
  • 未来をつくる100社選出 1社目はディズニー認定の有望ベンチャー
    第1回
    2019.11.05
    未来をつくる100社選出 1社目はディズニー認定の有望ベンチャー
    日経クロストレンドは国内スタートアップを対象にした「未来の市場をつくる100社」を選出した。これまでにない技術やサービスを持ち、新しい市場の創造を目指す未来のスター候補だ。3年後、5年後、そして10年後と時間軸で分類。まずは3年後の2023年に花開く企業から紹介する。
  • リアルのライブがまるでSHOWROOMに 5Gで作る次世代音楽エンタメ
    第2回
    2019.11.06
    リアルのライブがまるでSHOWROOMに 5Gで作る次世代音楽エンタメ
    特集「未来の市場をつくる100社」第2回はBEAMING(東京・渋谷)を紹介する。同社は第1回に登場したティフォンと同様、5Gを活用したエンターテインメント市場創造を狙う。2023年に1兆円を超えると予測される「空間エンターテインメント市場」で、デジタルを活用した次世代音楽ライブサービスを創る。
  • トヨタも注目する「VAN泊」市場 車中生活ブームが日本に到来か 
    第3回
    2019.11.07
    トヨタも注目する「VAN泊」市場 車中生活ブームが日本に到来か 
    特集「未来の市場をつくる100社」の3社目は“動くホテル”事業に挑むCarstay(東京・新宿)を紹介する。同社はトヨタ自動車とソフトバンクの共同出資会社モネ・テクノロジーズが発足した「MONETコンソーシアム」に参画する。大手企業が名を連ねる中でも珍しい独立系ベンチャーだ。
  • アマゾンが真似できない小売り 専門家が接客する提案型ECが拡大
    第4回
    2019.11.08
    アマゾンが真似できない小売り 専門家が接客する提案型ECが拡大
    「未来の市場をつくる100社」特集の第4回は、2023年に誕生する「ライフスタイルコーディネート」市場を取り上げる。情報過多により、探さない消費が拡大している。そうしたニーズに応えるべく、専門家の知識を活用して提案する新型ECが登場した。米アマゾン・ドット・コムとは異なる価値提供で新しい小売りの実現を狙う。
  • 街外れでも日商70万、目指すは脱駅ビル D2Cベンチャーの新型店舗
    第5回
    2019.11.18
    街外れでも日商70万、目指すは脱駅ビル D2Cベンチャーの新型店舗
    2023年に新市場を作る企業として最後に紹介するのはPATRA(東京・渋谷)だ。D2Cブランドを複数展開する同社は、20年にデジタルを活用したD2C専門店をオープンさせてリアルな小売り事業を始める。米国ではD2C専門デパートが現れ始めている。PATRAはそうしたD2C発の新たな小売り市場の創出を狙う。
  • IBMも注目のミツフジ、5年後は「着る診断装置」市場が拡大
    第6回
    2019.11.18
    IBMも注目のミツフジ、5年後は「着る診断装置」市場が拡大
    特集6回目は「ウエアラブルヘルスケア」と呼ぶ新市場を紹介する。これを実現し、病気が発生する前に兆候をつかむことで予防につなげるシステムを開発しているのがミツフジ(京都府精華町)だ。同市場は5年後の25年には国内で750億円以上の急成長が見込まれる。今後、予防医療が当たり前になりそうだ。
  • 第7回
    2019.11.20公開予定
    2030年に世界を変えるスタートアップ企業
  • 第8回
    2019.11.21公開予定
    人間拡張の「次」は? 開発進む驚異の新技術
  • 第9回
    2019.11.22公開予定
    市場を創る100社 その全貌を明かす

関連特集・連載

未来の市場をつくる100社
本日更新
未来の市場をつくる100社
全9回
データビジネス最前線、果実はここに
データビジネス最前線、果実はここに
全7回
武器としての信用スコア
武器としての信用スコア
全9回
キャッシュレス、政府主導で加速するか?
キャッシュレス、政府主導で加速するか?
全5回