「渋谷大変貌」で何が変わる?
全5回

「渋谷大変貌」で何が変わる?

渋谷駅の真上に11月1日、渋谷スクランブルスクエアが開業する。東急、JR東、メトロが手を組んでつくる高さ約230メートルの新ランドマークだ。スクランブル交差点を見下ろす展望台に、世界最旬を掲げる商業施設、オフィスフロアなどが集う。さらにパルコ、フクラスといった大型施設が年内にオープン、桜丘地区もこれから街づくりが始まる。渋谷はどう変わるのか、そしてそこに集まる企業は何に期待するのか。2019年11月25日公開予定。
  • 仕掛人が語る新生渋谷パルコ「行くだけで楽しい」カオスな店舗
    第1回
    2019.11.25
    仕掛人が語る新生渋谷パルコ「行くだけで楽しい」カオスな店舗
    再開発によって大変貌を遂げようとしている渋谷に、2019年11月22日新生・渋谷パルコがオープンした。コンセプトは、『世界へ発信する唯一無二の“次世代型商業施設”』。同社執行役で渋谷店店長を務める柏本高志氏にその全貌を聞いた。
  • 渋谷駅の“迷宮”は解消されたか 「街のプロ」が歩いて検証
    第2回
    2019.11.26
    渋谷駅の“迷宮”は解消されたか 「街のプロ」が歩いて検証
    渋谷の「谷」がなくなる――。渋谷駅の複雑な動線は再開発で改善しているか。工事が終了して2019年11月1日に開業した渋谷スクランブルスクエア周辺を中心に、オールアバウト「住みやすい街選び」ガイドなどを務める“街のプロ”中川寛子氏が実際に歩いて検証した。
  • 「渋谷再開発はまだ踊り場」東急のキーマンが語るその全貌
    第3回
    2019.11.28
    「渋谷再開発はまだ踊り場」東急のキーマンが語るその全貌
    2019年11月1日、東京・渋谷駅の真上に高さ約230メートルの渋谷スクランブルスクエア東棟が開業。「100年に1度」とされる渋谷の再開発がいよいよ花開いた。しかし、これで一段落というわけではない。プロジェクトを主導する東急のキーマンが口を開いた。「まだ踊り場に過ぎない」と。
  • 渋谷が大企業と若きイノベーターの接点に 共創の仕掛け人が語る
    第4回
    2019.11.29
    渋谷が大企業と若きイノベーターの接点に 共創の仕掛け人が語る
    渋谷特集第4回のキーワードは「共創」。再開発が進む中、企業や個人が組織の枠組みを超えて交流する「共創施設」を渋谷に設ける大手企業が相次いでいる。なぜなのか。長年渋谷を拠点とし、共創施設のプロデュースを数多く手がけているロフトワーク代表の林千晶氏に聞いた。
  • 「日本一の縦積みビルを作れ」渋谷スクランブルスクエアの舞台裏
    第5回
    2019.12.04
    「日本一の縦積みビルを作れ」渋谷スクランブルスクエアの舞台裏
    地上約230メートルの展望施設「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」を擁し、渋谷駅の真上に2019年11月1日に開業した渋谷スクランブルスクエア東棟。渋谷最高峰からの眺望が脚光を浴びているが、実は商業フロアも「常識破り」の連続で成り立っていた。知られざる舞台裏に迫った。

関連特集・連載

ランキングから探るブランド成功の鍵
ランキングから探るブランド成功の鍵
都心へ発進 相鉄のブランド再構築
都心へ発進 相鉄のブランド再構築
全3回
【PR】地方発ヒット商品の作り方
【PR】地方発ヒット商品の作り方
【PR】「働くひとの西宇和みかん」とは
【PR】「働くひとの西宇和みかん」とは