自動車大国の米国では今、深刻な交通渋滞の原因ともなっている過度のマイカー依存からの脱却を目指し、各地でMaaSの取り組みが進んでいる。シンガポールで開催されたITS世界会議2019で、米国のMaaS最新事情を知るキーパーソンに話を聞いた。

テキサス州のダラスで提供されているMaaSアプリ「GoPass」
テキサス州のダラスで提供されているMaaSアプリ「GoPass」
米国の交通系コンサルティング会社、Schweiger Consulting LLCの代表を務めるCarol Schweiger(キャロル シュヴァイガー氏)。60を超える交通機関に技術的な支援をしている他、米国の交通研究委員会(Transportation Research Board)の共同議長などを歴任。ITSアメリカの公共交通システムおよびサービス委員会の設立メンバー
米国の交通系コンサルティング会社、Schweiger Consulting LLCの代表を務めるCarol Schweiger(キャロル シュヴァイガー氏)。60を超える交通機関に技術的な支援をしている他、米国の交通研究委員会(Transportation Research Board)の共同議長などを歴任。ITSアメリカの公共交通システムおよびサービス委員会の設立メンバー

(聞き手は、計量計画研究所理事の牧村和彦)

米国におけるMaaSの状況を教えてください。

すでに米国には、3タイプのMaaSが展開されています。1つ目は、交通事業者が主導して進めているマルチモーダルな移動支援サービスです。米国では地方公共団体が地域の交通サービスに対して責任を負っており、市交通局が運営するMaaSです。市当局がプラットフォーマーになります。

 そして2つ目は、交通事業者がIT企業と連携して進めるサービスです。マルチモーダルな経路検索システムを持つ企業、決済関連の企業など、様々なプレーヤーと組んで展開しています。

 3つ目は、民間企業が主導で進めているマルチモーダルな移動支援サービスです。郊外や小さなコミュニティーなどで展開している他、最近では全米の大都市圏で独自の移動支援サービスを展開しています。配車サービスのウーバーテクノロジーズやリフトは、その代表例です。

米国の先進的な取り組みとしてはどんな例がありますか?

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>