世界のMaaSキープレーヤーが参集する「ITS世界会議2019」。開催国のシンガポールで、2019年9月に本格展開が始まったのが、豊田通商グループが出資するモビリティXによるMaaSアプリ「Zipster(ジップスター)」だ。同社のコリン・リムCEOに、日本でMaaS事業を推進するMaaS Tech Japanの日高洋祐社長が話を聞いた。

モビリティXが展開するMaaSアプリ「Zipster」
モビリティXが展開するMaaSアプリ「Zipster」

 モビリティXは、シンガポールで鉄道やバスなどを運営するSMRTコーポレーションから出資を受け、2018年2月に設立されたスタートアップ。同社には18年12月に豊田通商が豊田通商アジアパシフィックを通じて出資しており、MaaSのサービス開発に加えて海外展開の支援を行っている。また、直近の19年10月30日には小田急電鉄が開発する共通データ基盤「MaaS Japan」とモビリティXのMaaSアプリ「Zipster(ジップスター)」を相互接続し、日本におけるサービスの検討を始めることが明らかになった。

 そんな注目のZipsterは、19年4月からシンガポールでテスト展開が始まり、9月に本格ローンチした。その中身は一体どんなものか。

 Zipsterでは、公共交通機関(鉄道、バス)に加え、ライドヘイリングの「Grab(グラブ)」「GOJEK(ゴジェック)」、自転車シェアリングの「Anywheel」、電気自動車(EV)シェアリングの「BlueSG」など、複数の交通手段を組み合わせた最適な経路をいくつか提案する。また、グラブやゴジェックなどはルート検索結果からアイコンをタップすると、目的地情報を引き継いでそれぞれのアプリに飛び、配車予約が可能。公共交通については、シンガポールの公共交通決済カード「Ez-Linkカード」と連携したZipsterカードとアプリをひも付けると、公共交通の決済やアプリ上で利用履歴を確認できる。その他、Zipsterアプリ上のマーケットプレイス欄では、グラブやゴジェックといった交通パートナーによる割引クーポンの他、AXA(アクサ)の損害保険も提供されている。

左が交通パートナーの割引クーポン。右がZipsterカードを使った決済場面(カード券面はITS世界会議参加者向けに配布されたもので、無料チケット付き)
左が交通パートナーの割引クーポン。右がZipsterカードを使った決済場面(カード券面はITS世界会議参加者向けに配布されたもので、無料チケット付き)

 実際に現地でZipsterを使ってみた。まずアプリのメイン画面を立ち上げると、現在地(シンガポール動物園)が表示される。中心街のオーチャード・ロードにあるホテルへのルートを検索すると、候補は5つ表示された。バスと鉄道を乗り継ぐルートなら、所要時間は1時間10分程度で1.39シンガポールドル(約111円)、グラブやゴジェックなら約16~18シンガポールドル(約1300~1440円)で35分程度の道のりだ。

 日本のタクシーを利用する感覚ではグラブやゴジェックの圧倒的な安さに引かれて、そちらを選択しそうになるが、そこはグッとこらえて今回はバスと鉄道を乗り継ぐルートを選んだ。アプリ上でルートを選択し、スタートボタンを押すと旅の始まり。最初に乗るバスの停留所が地図上に示され、そこに移動する。画面には到着済み、6分後、16分後などバスのリアルタイム情報が出ているのが親切だ。

 無事、目的のバスに乗って到着ボタンを押すと、今度は次のSMRTの鉄道駅(Ang Mo Kio)までの案内が始まる。シンガポールのバスは日本のように車内に停留所の案内ボードはないが、アプリの地図で自車位置を確認できるので、問題なく目的の駅で降りられた。鉄道に関しても、東京ほど路線が複雑ではないので、アプリの指示に従ってスムーズに乗り換えが可能だ。

 ただし、こうした経路検索やルート案内機能自体は、日本で実証実験が始まっているMaaSアプリに比べて特段優れている印象はない。とはいえ、グラブやゴジェックなどの機動力があって使い勝手の良い移動サービスとも接続されており、それを含めた案内が十分であることから、公共交通の利用におよび腰になりがちな海外からの観光客にとっても使いやすいものではあった。Zipsterはすでに現地ユーザーから支持も集めており、アプリのダウンロード数は4万5000件、Zipsterカードとリンクさせたアプリの利用回数は約25万件に達しているという。

 アプリ本格展開という最初の一歩を踏み出したモビリティXは、今後どのようにZipsterを進化させていくのか。同社のコリン・リムCEOに、日本でMaaS事業を推進するMaaS Tech Japanの日高洋祐社長が話を聞いた。