10月にシンガポールで開催された「ITS世界会議2019」や、「東京モーターショー2019」から見えてきたMaaS&スマートシティの最新トレンドをリポートする特集の第1回。東南アジアを代表する配車サービス「GOJEK(ゴジェック)」のキーパーソンを独占取材した。料理宅配から買い物代行、ビデオ配信サービスまで、あらゆる生活サービスを1つのアプリに統合する多角化戦略の秘密とは?

インドネシアでゴジェックが展開しているバイクの配車サービス(写真/Shutterstock)
インドネシアでゴジェックが展開しているバイクの配車サービス(写真/Shutterstock)

 企業価値が100億ドル(約1兆800億円)を超える巨大未上場企業を「デカコーン」と呼ぶ。世界に20社ほどしかないといわれる中、東南アジアのデカコーンとして覇を競うのが、シンガポールに本社を構えるGrab(グラブ)と、インドネシア発のGOJEK(ゴジェック)だ。両社は、バイクや自家用車などによる配車サービスを軸として料理宅配やキャッシュレス決済など、生活に密着したいくつものサービスを統合した「スーパーアプリ」を展開し、東南アジアの人々の暮らしに欠かせない存在となっている。また、グラブにはソフトバンクグループやトヨタ自動車が、ゴジェックには三菱商事や三菱自動車工業が出資しており、急成長する東南アジア市場をにらんだ日本企業からの注目も集まる。

 そんな両社が目下、熱い戦い繰り広げているのは、ITS世界会議2019が開催されたシンガポールだ。グラブの本丸であるこの地に、18年12月、ゴジェックが参入した。ゴジェックというと、バイクによる配車サービスのイメージが強いが、シンガポールでは自家用車などを使ったクルマの配車サービスを展開している。ゴジェックの複数のドライバーに話を聞くと、「グラブより運賃が安い」「グラブよりドライバーインセンティブが多い」といった声が聞かれ、グラブから移籍したという人もいた。料金の値下げやドライバーの獲得競争が水面下で激しさを増していることが分かる。

 すでにグラブはシンガポールで料理宅配の「GrabFood」や独自の決済サービス「GrabPay」など、フルラインアップでサービスを展開しているが、今のところゴジェックは配車サービスのみ。その配車サービスも、グラブなら高級車や新車を指定できたり、より割安料金で移動できる小型バンの乗り合いサービスなども選択できたりする。19年4月には、鉄道やバスなどの公共交通と配車サービスを組み合わせた経路検索ができる「トリッププランナー」機能も実装している。

グラブのラッピングカー
グラブのラッピングカー
シンガポールで人気の屋台街(ホーカーズ)に料理を受け取りに来たグラブのドライバー
シンガポールで人気の屋台街(ホーカーズ)に料理を受け取りに来たグラブのドライバー

 こうした中で、ゴジェックはシンガポール市場をどう攻略するのか。そして、主にインドネシアで展開するスーパーアプリとしての多角化戦略はなぜ生まれ、成功したのか。あらゆる交通手段をシームレスに統合し、都市やユーザーに新たな価値を生み出す「MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)」の潮流に対して、どう向き合うつもりなのか。ゴジェック シンガポールのゼネラルマネジャーである、LIEN CHOONG LUEN氏に話を聞いた。

ゴジェック シンガポールのゼネラルマネジャー、LIEN CHOONG LUEN氏
ゴジェック シンガポールのゼネラルマネジャー、LIEN CHOONG LUEN氏