伝説のクリエイターたちの軌跡。大衆の心を動かした「創り人」の仕事に迫る、小林亜星編の第2回。一度は音楽から距離を置いた小林だが、高校で才気あふれる友人たちと出会い、再び音楽の世界へ。

愛用のギターを父親に燃やされ、一度は音楽から離れた小林だが、入学した慶應義塾普通部ではコーラス部に入部
愛用のギターを父親に燃やされ、一度は音楽から離れた小林だが、入学した慶應義塾普通部ではコーラス部に入部

■ INDEX
第1回 2019.10.25公開
和製ジャズに心を奪われ、激怒の父にギターを奪われた少年時代
第2回 2019.11.01公開
才気ある友との出会い、バンド再結成、そして放蕩の味を知る
第3回 2019.11.08公開
狼少年ケン、魔法使いサリー 背中押されアニメ音楽へ
第4回 2019.11.15公開
アニメ、CM、歌謡曲 テレビ時代の申し子に未練なし

慶應義塾普通部に入学、林光と出会う

 中学2年生のとき、進駐軍相手のクラブに出演していたことが露見、小林亜星は通っていた慶應義塾普通部を停学となる。それを知った父親はギターをたたき割り、まきにして燃やしてしまった。その後しばらく、小林は音楽から離れることになる(関連記事【第1回】「和製ジャズに心を奪われ、激怒した父にギターを奪われた少年時代」)。

 慶應義塾普通部には親が医師など、裕福な家庭の子弟が集まっていたこともあったろう、ピアノを弾ける同級生が何人もいた。

 「当時、慶應(義塾)高校の普通部が(火事で)焼けたので、幼稚舎を間借りしていたんです。その体育館にピアノが置いてあって、慶應の面白いところだけれど、誰が弾いてもよかった。みんなそこで得意になってピアノを弾くんです」

 終戦後、米国からは音楽とともに映画が流れ込んでいた。小林たちはそうした映画を貪るように見ていた。その中に「アメリカ交響楽」というアービン・ラバー監督の作品があった。これはジャズの作曲家、ジョージ・ガーシュウィンの伝記映画である。

 ある日、その映画を見た同級生が自慢げに映画のテーマ曲をピアノで弾き始めた。

 「あの頃は、みんな同じ映画を見ていたんです。映画に飢えていたから。それで得意になって(サビの印象的な部分を)チャンチャーンってやった。でもそれくらいしか分からないよね」

 その様子を見ていた別の同級生がにやりと笑うと、壇上に登った。鍵盤に向かい、1曲通して弾いてみせたのだ。後に東京藝術大学音楽学部作曲科へ進み、数々の賞を受けた作曲家、林光である。

 「これは参ったなと思いましたよ」と小林は当時を思い出して、大げさにため息をついた。

 「林は中学から同じクラス。医者の息子で、子供のときから音楽の英才教育を受けていた」

 ピアノを華麗に弾きこなす林がただまぶしかった。小林は鍵盤に触ったこともなかったのだ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>